« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/11/10

長野の酒メッセ2005~番外編~

引っ張りに引っ張ってきた、「酒メッセ」のネタも今日でようやく終了です。かれこれ、1ヶ月も前の出来事なんだぁ~・・・。

さて、最終回は「番外編」である。前回の「酒興編」で、日本酒の紹介は終わりにしているので、今回はそれ以外でのネタを集めてみました。何が登場するかは、お楽しみ~。

今年ではなく去年の話しなのですが、オバカな参加者がいて笑えるに笑えなかった事を・・・。                                          とある若い女性の二人組みの会話。                                                                    「これが、酒メッセか!!何から飲もう」                                                「決まってるじゃん。十四代を探そう」                                                         こういう低レベルな参加者もいると、アルコール臭満載のお酒やヒネ香しかしないお酒を飲んでも、「美味しいですねぇ」としか言わない参加者は、「可愛いものだ」と思ってしまう・・・。                                            「蔵が心を込めて造ったお酒を否定してはいけない」と思っている人が多いのだろうか?蔵の事を思うなら、「本当の事を言う」のが消費者の出来る事だと思うのだが・・・。

messe2005-9  昨年は見なかったが(いたのかな?)、今年は地元TV局の中継が入っている。

「利き酒師」の資格を持っている、「中澤佳子」アナウンサーである。

この場面は中継中に3~4種類のお酒を「利き酒」をしている場面。しかし、残念ながら当たっていなかったようで、大騒ぎをしていました(笑)。

messe2005-10

中継の合間に写真を撮らさせて頂きました。気持ちよく、撮影に応じて頂きました。有り難うございます。

写真で分かるかどうかわかりませんが、非常に顔の小さい人でした。「これ位小さい顔でも、TVだと普通に映ると言う事は、一般の人は物凄く大きく映るんだ」という事を再認識しました。

中継のない時には会場の隅に追いやられ、ガタイのいい男性スタッフに前を塞がれ、逃亡(酒飲みに)しないようにガードをされている姿が、哀愁をそそりました・・・。「飲みたいんだろうなぁ」と思いながら、山輝亭はガンガン飲んでいました(笑)。

山輝亭が休憩をしながら、飲んだお酒のデータをまとめていると、一人の男性が隣に座りました。見た目は若いですが、頭の方がかなりキテいます。苦労が多いのでしょうか?                                              すると、その彼は「信濃○○の者ですが、取材させて頂いていいでしょうか?」ときました(○○は伏字ではなく、聞き取れなかった)。彼の苦労を悟った山輝亭は、気持ちよく5分程の取材に応じてあげました。でも、「信濃○○」が分からないので、記事になったかどうかは不明です(苦笑)。ちゃんと聞いとけばよかったなぁ・・・。

大好きで応援をしている「高沢酒造」の「賀代子」さんの所に行くと、「Bimy」(ビミー)なる「美味しい酒マガジン」をくれた。

「何これ?」と言うと                                                「見てみて」と言うだけ。                                          messe2005-12 ページをめくっていくと、「蔵に魅せられた女性たち」なる連載物に載ってるではないか!!

こんな良い宣伝物があるのに、何で活用しないんだろう。こういう所が、オシが弱いというか、営業ベタなんだろうなぁ・・・。もっと、貪欲になれば、販売も延びると思うんだけどなぁ・・・。

拡大コピーをして置いておけば、注目度は上がるのにね・・・。

さて、この「Bimy」を出版している会社、「名酒センター」なる物も運営している。浜松町にあるようなので、東京にお住まいの方は是非、一度足を運んでみて下さい。                                            3種3杯500円で利き酒ができ(1杯約70ml)、大吟醸を利き酒できる1000円コースもあるようです。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

久しぶりの更新

先月末から忙しく、ブログの更新&皆様のブログにお邪魔する事もままならない状態でした・・・。どれ位ままならない状態だったかというと、この2週間で日本酒を口にしたのが1日だけという、前代未聞の非常事態でありました。それも、お猪口1杯を空け切らないうちに寝ていました・・・。「日本酒なしでは生きられない」と思ってましたが、充分に生きています・・・(苦笑)。

取り敢えずブログの更新をしながら、皆様のブログにもお邪魔する予定でいます。ただ、浦島太郎状態なので、すぐにカキコミが出来るかは・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »