« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/31

長野グランドシネマズ

長野県内には何ヶ所かあったシネマコンプレックス。                     ようやく長野市にも6月24日にオープン!おめでとう!それが               Ngs1_2 長野

グランドシネマズ。                    8スクリーン1365席、全席指定&スタジアム形式のシートらしい・・・

1階にはチケット売り場、軽食の売店、パンフレットなどを売る店が配置されている。売店(コンセッション)では有り難い事にビールまで売っている。しかし、チュリトスなのか、ポップコーン(キャラメル味)なのか、中に入るなり強烈な甘い臭いが漂っている・・・。

Ngs_1

吹き抜け&ガラス張りで明るい空間が、オーバルアトリウムと名付けられた場所。             上映時間を待つのもよし、飲食をするのもよし。そして、待ち合わせにも使える便利な空間です。                                2階には1階を見下ろせるような形で席が用意されている。                                                       シアター内以外はチケットが無くても出入りが自由に出来ます。

夏休みという事もあり、中高生の姿が目立ちます。高校生は3人以上で行くと1500円が1000円になるサービスもあります。

さて、山輝亭とはというと・・・、もうお気付きの方もいらっしゃると思いますが、 

何も見ていません(爆)。本当は「日本沈没」を見ようと思っていたのですが、某映画評論家がイマイチと言っていたので止めました(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/30

新政・特別純米

六號酵母発祥の蔵・新政酒造のお酒に初挑戦。                   秋田のお酒にしては珍しいとされている辛口のお酒を造る蔵のようだ。

Aramasa_3

「新政・特別純米 六號」 

初日。芳醇さが一瞬広がるが、ヒネ香が覆い尽くす。気にならない人には気にならないんだろうなぁ・・・。                                              辛口かどうかは全然判断出来ない。

14日後。ヒネ香は大分おさまるが、苦手な北陸系の香りが出てきた・・・。

お燗にすると、まろやかになり飲みやすくなるが、北陸系の香りは健在・・・。

90日後。よくここまで頑張った(笑)おっ!?北陸系の香りが消えて飲みやすくなった。飲みやすくなったが、特徴も消えてしまった。                                             しかし、これはもう少し寝かせておくと変わるかも!と言う事で、先日書いた、常温保存にするお酒の内の1つに決定!

評価は・・・、今のところ2/5。

秋田県 新政酒造(株) 1800ml 2299円                         美山錦 60%精米 日本酒度4~8 酸度1.3                       アルコール度15~16度

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/29

♪グリーン グリーン

さらさ☆さんに勧められて購入したタイカレー3種類。                        どの色から食べるか悩む。一番辛そうなレッドか?紹介者と同じグリーンか?カレーと言えば黄色、ならば抵抗なくいけそうなイエローか?                                                 悩んだ挙句、紹介者さらさ☆さんの顔を立てて、グリーンカレーに決定!

初めて作る&食べるのだから、ここはレシピ通りに作らないとね。 材料は牛肉、インゲン、なす、トマトのみ。                         作り方は・・・、                                          Thaig 鍋に水を入れ、いきなりカレーペーストを投入。ペーストが溶けたら、いよいよココナッツミルクを勇気を振り絞って加える。               煮立ったら牛肉を入れる。炒めないんだね。火が通った所でインゲン、なす、トマトを入れる。しめじが残っていたので、入れちゃいました。                      仕上げにナンプラーと砂糖を入れて出来上がり。

                       Thai2_1                      って、10分位で出来ちゃったよ。                            トマトが入ったせいか、あまりグリーンではないけれど、カレーの概念を打ち砕くカレーだ。                                   だって、カレーの匂いしないんだもん。そして、スープみたい・・・。

さて、問題は味だ。恐る恐る一口・・・。

まずは、ホッ!!ココナッツの香りはほとんど感じない。                  もう一口。ん~、何だ?不思議な味だぁ・・・。                            グリーンの正体はグリーンチリのようだけど、「辛さは感じないなぁ」と思ったら、しばらく経ってから来た~。と同時に、山輝亭の味覚が目覚めた!!                                                           何だか分からないけど、

旨い!!旨すぎる!!       

やめられない止まらない状態だ。お中元なんてとんでもない!!ぜ~んぶ山輝亭のお腹に収めるぞーー。

これはとんでもない物を紹介された。リピーターの山輝亭、この夏はタイカレーの日々になりそうだ(笑)。       

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/28

幾星霜酒 十九・大吟醸

せっかく蔵に寄ったのに、「十九」はこれ1種類しかなかった・・・。                                生産石数が少ない、応援してくれる酒店が多いと言う事で、自分の所には残らないのだろう・・・。

Juukui

「幾星霜酒 十九・大吟醸」                                             「いくせいそうしゅ」と読みます。11年貯蔵酒。

初日。ヒネ香だぁ~。                                 美由紀さんごめんなさい、一口でギブアップ。

10日後。ヒネ香は少しおさまるが、アルコール臭が浮いてくる・・・。

26日後。少しいい感じの熟成香に変わってきた。

60日後。う~ん、微妙だ・・・。

評価は2/5。いくら大好きで応援しているお酒でもなぁ、このヒネ香は・・・。                                                ヒネ香が気にならない人にはいいのかな?

長野県 (株)尾澤酒造場 720ml 3059円

美山錦 40%精米 9号系酵母 日本酒度2 酸度1.2                 アルコール度15度

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/07/27

常温保存

山輝亭は頑なまでの冷蔵保存者である微妙ではあるが信者ではない

そんな山輝亭であるが、3種類のお酒を料理酒行きを覚悟で常温保存してみる。比較的長いこと頑張ったけど、山輝亭の口に合わないので、実験をしてみる事に。

そうは言っても、可能性の少ないお酒では意味がないので、2ヶ月以上冷蔵保存をして、味が開きそうな物をピックアップ。

取り敢えず、1週間常温に放置してみる・・・。                           さ~て・・・、どうなる事やら・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/07/26

アライグマ

見掛けは可愛いアライグマ。「アライグマ・ラスカル」というアニメもありました。ナツカシ~。                                          このアライグマ、ここ数年で野生化し非常に凶暴であるという事が認識されて来てますね。                                神奈川県では4000匹のアライグマを駆除する計画らしい。

今週、テレビを見ていたら、やってましたよアライグマネタ。                場所は兵庫県。 

今までは農業被害が報道されてましたが、今回は家への被害。なんと、天井裏に巣を作り、子育てをしているのだそうだ。ひどい家になると、アライグマの屎尿で天井が抜けるという被害まで出ている。

                                         雑食性のアライグマ、農作物への被害も大きいらしい。                      画面にには人間が食べたのではないかと思うほどキレイに食べれれたとうもろこしの丸裸の姿が・・・。                             次に出てきたのはスイカ。この後ハロウィンに使えるのではないかと思える程ハロウィンはかぼちゃだけどね・・・、キレイにくり抜かれた残骸が・・・。                                                 そして、お米=稲にも被害が・・・。皆さん覚えていますか?場所は兵庫県です。しかも山輝亭がネタにしているんですよ(笑)。

そう、アライグマはなんと酒米である山田錦まで食い荒らしているそうです!兵庫県産山田錦といえば、引く手数多の酒米。ただでさえ生産石数の少ない酒米、今年の酒造りに影響ない事を祈ります。

我々酒飲みの楽しみを奪うな!                               アライグマ!!(爆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/25

昨日は

少し肌寒いくらいの気温だった。

大好きな貝の刺身と冷奴にする予定でいたが、この気温じゃ冷奴って感じじゃない・・・。

Kai_1左上から、                                           白ミル貝 、赤貝、石垣貝               同じく下段左から                          イタヤ貝、ホッキ貝、さざえ。

まさに貝づくし!!                                        日本酒がすすむのなんの・・・。

冷奴から急遽予定を変更して・・・、                                   Agedashi 揚げ出し豆腐。                                 なすと青唐辛子の素揚げ付き。

豆腐を油で揚げようと考えた人は偉い!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/24

地図

カーナビの普及により、地図が売れないらしい。結果、地図の出版社は四苦八苦。                                          地図に付加価値を付ける事を思い立った。今更だが、当たり前か・・・ 

大ヒットした「災害帰宅マップ」が有名。しかし、地方の人間には意味がない・・・。                                                                      駐車監視員制度がスタートしのを期に、「駐車違反取締り重点路線マップ」なんてのも発売されている。これまた、地方の人間には意味がない・・・。                                                              地方の人間にも使えるという点では「平成の大合併データブック」なんてのもある。

「今がわかる 時代がわかる 日本地図」「世界で一番面白い地図帳」「脳を鍛える書き込み式 地図ドリル」とか、地図の域を越えたものまで発売されている。

そして、こんなお馬鹿地図?も・・・。  

Baka_3

技術評論社 一刀◎著 1134円

最近は一般人を対象にしたクイズ番組よりも、芸能人のバカさ加減を見せるクイズ?番組が多い。その中で、都道府県を題材にしたものがあり、答えられない芸能人も多い。

この地図は 、                         HP上に正しい日本地図を載せて、間違い・勘違い情報を募集。                       集まった情報の中から、多くの人が共感・同感できる事を地図に反映していく。これの繰り返していくのだが、最後の方はほとんどネタになっている。

県名よりも県庁所在地の方が有名な、「名古屋」や「神戸」「横浜」「金沢」はそのまま「名古屋県」「神戸県」「横浜県」「金沢県」になっちゃってます(笑)。                                               しかも、神戸県は「日本海に面しているとダサい」という理由で日本海の土地がなくなりました・・・。                              また、金沢県は石川県はもとより、富山県・福井県まで領土を広げてます。

悲惨なのが、西日本・・・。四国は関心が薄いため、一国=高知に。九州もまとめて一つの県、各県は「区」に・・・。しかも、大分は福岡に、宮崎は熊本に九州吸収されてます・・・。

山手線の影響か、東京は丸くて大きいと思っている人が多いらしい。京都も碁盤の目の通りの影響だろう、四角いと思っているようだ。

最初は笑って読んで見てたけど、あまりのアホらしさというか、くだらないネタに辟易してきた・・・。

営業妨害をするつもりはないが、立ち読み充分だった(苦笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/23

亀齢・特別純米

Kirei_2「亀齢・特別純米 生原酒」

初日。口の中にある時は青リンゴの香り。飲むとリンゴの香り。                                  味の濃さに原酒らしさを感じるが、さすがに1年も経つと生酒らしさは・・・。                                    でもね、美味しい・・・。面白い酸味がクセになる味。

3日後も2週間後も3週間後も、大きな味の変化はないが、少し苦味が顔を出してくる。早めに飲んだ方が良いみたい。              

評価は4/5。

広島県 亀齢酒造(株) 720ml 1450円

山田錦 60%精米 自家培養酵母 日本酒度5 酸度1.7               アルコール度18~19度。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/22

季節外れ!?

先週の大雨には多くの被害及び犠牲者が出た事に、

お見舞い・ご冥福をお祈り致します。

話しはガラッと変わりますが、山輝亭は夏があまり好きではありません。                                                  暑いのが苦手とか、海よりも山が好きという理由もあるにはあるのですが、最大の理由は・・・、虫が涌くから。別にね、昆虫なら問題はないのですが、奴らは生ゴミに素早く出現するんですよ。魚が好きな山輝亭は家で捌くんですが、魚の内臓には特に素早い・・・。って、そんな理由かよ!!

そんな事もあり、ゴミ箱を洗う機会も多いのです。で、先週の大雨の日にはベランダに出しっぱなしになっていました。と言うより忘れてました(苦笑)。ここでようやく冒頭の大雨と話しがつながります。

ゴミ箱をしまおうとすると、中には当然雨水が溜まっています。その雨水を捨てようとしたら、中に何かいます!                      何だろうと見ると                                 Tonbo_1 トンボ                                       が沈んでいるではないか!!             この時期にトンボ!?                 ここでようやくタイトルにつながる?

見た事があるようでないようなトンボだったので、ネットで調べてみた。                              似たようなトンボはいるのだが、尻尾の方に模様が入っていないトンボが中々見当たらない。

まぁ別にトンボに興味がある訳ではないのでどうでもいいのだが(笑)、トンボって春からいるんだってね!!知らなかった・・・。秋の昆虫だと思っていた山輝亭、無知をさらけ出しすぎ!?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/07/21

付け焼刃

この頃、何だかイマイチ体調が良くない年を取ってきたのだろうか・・・。体がだるかったり、疲れが抜けなかったり・・・やっぱり年なんじゃん(苦笑)

そして何より、最近、お酒が美味しくない。どうしたんだろう・・・。なんか胃の辺りが重たいし肝臓の位置がよく分からない(苦笑)、飲んだ翌朝には浮腫みが残る・・・。                                そんなこんなで、2日間も何の苦しみもなくいつ以来か分からない禁酒に成功(^_^)v                                                良い事なのだろうか?いや、きっと良い事に違いない・・・。と自分に言い聞かせる

そうだ!!ウコンを飲もう!! 

                                       Ukon_1なんとまぁ、単純な(笑)。                                   しかも、20日分。続ける気が見られない(爆)                                 これこそ本当の付け焼刃

これで、お酒が美味しく飲めるかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/07/18

帰山・純米吟醸 参番

3年前に初めて飲んで、息を飲んでしまったお酒である。                          「黒龍・石田屋」とは別の驚愕。このお酒は物凄いインパクトを与えてくれた。

Kizan

「帰山・純米吟醸 参番」生酒。

このお酒の特徴は何と言っても「-16の日本酒度」にある。                                               「甘そ~」と思うのだが、もう一つの特徴である「3.0の酸度」とのバランスが物凄くいいのだ。一度飲めば、絶対に忘れる事のない味わいである。                                         「まるで白ワインのような味わい」が以前飲んだ感想。

初日。む!?ヒネ香か?                                  濃~い味わいも含めて印象が全く違う。

3日後。変わらず。

20日後。ヒネ香は消えて、いい感じになってきた。                                 以前の印象とは異なる濃~いリンゴの香り。白ワインの印象はない・・・。酸度が高いのでスッキリと飲めるが、濃さがクドサを伴っており、重たい感じでイマイチだ。

評価は3/5。以前の物なら4は堅いのに・・・。

長野県 千曲錦酒造(株) 720ml 1417円

美山錦 55%精米 自社酵母 日本酒度-16 酸度3                            アルコール度15~16%

ちなみに、この「帰山・参番」はメイン銘柄らしく?5アイテムの品揃えがある。                                          「参番・純米吟醸」、「参番・おりがらみ」、「参番・にごりざけ」、「参番・古酒1998年」。                                          不思議体験を一度お試しあれ。 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/07/17

看板

ちんちんもろこしに次ぐ看板ネタです(笑)。ただし、今回は少し悲しい話題です・・・。

「十九・純米吟醸 ブルーボトルを買いに、またまた峰村酒店へ。ブルーボトルの記事はまたの機会に。

峰村酒店は信濃町の古間という所にある。少し行けばナウマン象で有名な野尻湖という所だ。                                    お店に行くには国道18号線をひたすら・ひたすら北上して行くのだが、その途中にある看板が・・・。

                                                       地図をお持ちの方はお手元に・・・。                                  長野市辺りから18号線を北上して行って下さい。途中、117号線との分岐点となる三叉路の信濃浅野という信号があります。見付かりましたか?                                              18号線を北上して行った正面にガソリンスタンドがあるんですあったんです。ここの看板が結構話題だったんです。            それがこれ!

Kanban1_1

長野に来て、初めて見た時には笑ってしまった看板であるが、スキーや海に行く度に心を和ませてくれた看板でもありました。

18号線をそのまま北上すると新潟の直江津の海へ。右折をして117号線に入ると、志賀高原、斑尾・タングラム、野沢温泉の各スキー場へ。

何回も、いや何十回も見てきた懐かしい看板だ。それがどうやらなくなるらしいのだ。ガソリンスタンドの移転に伴い撤収されるらしい。山輝亭が通った時にはガソリンスタンドは移転後で、看板だけが頑張っていた。                                                上信越自動車道が開通してからは、スキーに行く人も、海に行く人も殆どの人が高速道路で行ってしまう。その為、国道18号線の交通量は激減・・・。

「もう、この看板も見られなくなってしまうんだぁ。」と感慨に耽る。                                    しかし、画像を見ていて思った!                             「ガソリンはここ」って書いてあるんだ!全然気付かなかった(爆)。

もう一つ気になる看板があるんだよね。                             某レストラン?にある看板で、「焼きカレー」なる物。                   「焼きカレー」って、何?凄い気になる。気になるんだけど、カレーピラフとかカレーチャーハンとかカレードリアだったらガッカリだしなぁ・・・。

と思って、ネットで検索したらあった!!                              「ピラフにカレーとチーズをかけてオーブンで焼いた物」らしい。                                     カレードリア見たいなものか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/16

涼しい夜

何だか今日の夜は涼しい・・・。さすがに信州?一日雨が降ると、蒸し暑さがすっ飛び、涼しくなる。とは言え、家中の窓は全開だけどね(苦笑)。 刺身で一杯と思っていたが予定を変更。

Kujira1まずは「加熱用鯨肉」。                           山輝亭の行く店には、刺身用と加熱用が品揃えされてます。                                   100g=180円で、約200gあります。               Kujira2 これは下味を付けて、定番の竜田揚げに。揚げた後にゴマを軽くつけてます。              もちろん頂くのは、ビールです。寒いのにねぇ。でもビールがないと始まらない。って何が?

Hachimeこちらは刺身用に買ってきた「赤はちめ」。 「はちめ」?なんだろうと思ったら、「めばる」の事らしい。 全て刺身になる予定だったが、涼しいのと、煮付けが美味しいとの情報を得たので、両方に。

Hachime2 こんな感じで頂きました。                         体長が15㎝と小さいので、食べ応えはイマイチですが、美味しいです。                       刺身はコリコリした歯応え。上品な脂のノリ。白身好きの山輝亭には絶品です。                                          煮付けもいいダシが出ています。身が柔らかく、実に上品だ。あ~、白いご飯が食べたい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/15

十四代・純米吟醸

Juuyondai

昨年も飲んだ

「十四代・純米吟醸」の雄町の生詰酒。

初日。ン!?これ十四代!?「らしさ」のかけらもない。                         苦味・雑味が強い。

5日後。今年の十四代は違うのか?生産量を増やして味の変わってしまった蔵は多いが、まさか十四代、お前もか?

14日後。口に入れた瞬間、モワッとしたアルコール臭が広がる。

21日後。ようやく十四代らしい味わいが出てくる。ただ、十四代を飲んでるから分かるような物で、目隠しで飲んで当てる自信ないなぁ・・・。最後まで、苦味・雑味は消えず・・・。

評価は・・・、2/5だね。今まで飲んだ十四代の中では最低だった・・・。

山形県 高木酒造(株) 1800ml  4250円

雄町 50%精米 アルコール度16%

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/14

♪な~らんだ な~らんだ

あか あお きいろ~本当はだよね~(笑)                              さて、何が並んだかと言うと、                                    Thai1_1 タイカレーである。                          レッドカレーグリーンカレーイエローカレーの揃い踏み!! 

下に写っている缶詰はココナッツミルクとナンプラーで、タイカレーには欠かせない物らしい・・・

何故、突然にタイカレーか?                                         それは、スポーツクラブで大の仲良しのと書くとクレームが来そうなので(苦笑)、そこそこ仲の良い「さらさ☆さん」に勧められたからである。                                 余談だが、さらさ☆さんブログは自称子育てブログ。実態は・・・、私の口からは言えません(笑)。

さらさ☆さんには内緒だがどこが(笑)、実は、このカレーを買いに行った時に、買おうかどうかかなり迷った。                                  大食漢の山輝亭、好き嫌いはないのだが、ココナッツが苦手・・・。あの臭いがね・・・。どうしても、サンオイルを思い出す・・・。                             少量を入れるならともかく、1缶=400ml使えと書いてある・・・。                                 「ホントに美味しいのか?」と言う疑問がふつふつと・・・。                                 「もし口に合わなければ、残りはさらさ☆さんへのお中元にしよう!!」と言う事で購入(笑)。

お中元になるのか?山輝亭のお腹に収まるのか?                                カレーの感想は後日~。お楽しみに~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/07/07

茶えのき

珍しい茶えのきを発見。

Enoki

見た目あまり茶色くないと思っているでしょ。中味の方が茶色いんですよ。それなら、画像載せろ!って感じですね(苦笑)。

袋を開けた瞬間に、えのきの香りが広がる。凄い強い香りだ。

元々天然物は茶色で茎が短いそうだが、これは栽培された物。

Kinokop

茶えのき・しめじ・舞茸・エリンギを使った、醤油ベースの和風キノコパスタ。

これ自体は別に何ともないパスタ。         でもね、茶えのきが凄い!炒めてもシャキシャキとした歯応えがある。キノコ界の水菜のようだ。                                 エリンギも普通に縦に裂くようにした物と、輪切りした物で、色々な食感が楽しめた。

この茶えのき、1袋79円と、普通のえのきと同じ値段。                    これはね、使い分け出来ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/06

か行

第二回目はか行

「か」で始まる銘柄。13銘柄と多くの銘柄を飲んでいる。                     静岡の「開運」、長野の「桂正宗」、愛知の「醸し人九平次」、岡山の「かもみどり」の4強対決。甲乙付け難い・・・。                        Image16_1 【醸し人九平次・大吟醸 佐藤彰洋】

最後まで、「桂正宗・大吟醸 香り酒」と迷ったのだが、同じ大吟醸勝負だったので、コストパフォーマンスのいい方を選びました。

白ぶどうか洋梨のような香り。飲んだ後に花のような香りの余韻が残る。非常に上品な仕上がり

「き」で始まる銘柄は11銘柄・21種類。これまた結構飲んでる。                                     しかし、それ程混戦ではなく、長野の「帰山」と新潟の「麒麟山」の一騎打ち。                                                            Image155【麒麟山・大吟醸生酒 輝】

新潟のお酒が口に合わない山輝亭だが、数少ない合うお酒の中の一つ。

少しマッタリした感じで、バナナのような香り。ただ、スッキリとキレていくので、クドサはない。

「く」で始まるのは、6銘柄15種類。                           世間一般では「久保田」が選ばれるのだろうが、山輝亭は好みではないので・・・、スンナリと決まりました。                               Image82 【くどき上手・純米吟醸】  

言わずと知れた山形のお酒。

イチゴとメロンを合わせたような上品な香りがたまらない。ど真ん中のストライクだ。                                            味もさる事ながら、このラベルもいいよね。     

「け」で始まる銘柄は、2アイテム8種類。                                 偶然にも?両方長野のお酒だが、文句なく決定。                     Genbu

【幻舞・吟醸】                                      無濾過生原酒斗壜囲い

【麻輝】に続き、長野の千野酒造場のお酒。                   いつもながら、いいお酒を造ってます。

吟醸よりも純米吟醸の方が好みだったのだが、この無濾過生原酒斗壜囲いにやられた・・・。

非常にキレイで、力強くて、華やかなお酒だ。                            リンゴの香りが濃いのだが、5日後には南国フルーツのような香り。                                            余韻もあって非常に美味しい。

「こ」で始まる銘柄は、9アイテム23種類。                         ここはね、もうこれしかないでしょう!!                         

Image5【黒龍 石田屋】

何も言う事ないでしょう、福井県のお酒です。

石田屋を初めて飲んだ時の感動は忘れようがない。「本当にこれが日本酒なのか?」と思ったものだ。

気品ある香り、柔らかい口当り、クリスタルのような透明感のある味わい・・・。

全てに今までの日本酒を凌駕していた。

皆さんのお薦めお酒も教えて下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/07/04

アジ・鯵

山輝亭は鯵が好きである。もちろん干物も好きなのだが、何と言っても「鯵は刺身に限る」。

いつも行く鮮魚センターへ。                                             Aji3_2 体調40㎝の大きな鯵が1尾350円で売っている。二回り位小さな鯵が1尾170円・・・。悩むが、大きい事はいい事だ!と言う事でおっきな鯵を購入。                                                   Aji4 ふと隣を見ると、尾赤アジなるものが・・・。見ると、尾とヒレが赤くなっている。上のアジと比べると、ちょっと痩せ気味のアジ君ではあるが、これで150円ならお買い得でしょ!!

と言う事で、今日は鯵尽くし。                                        Aji6真鯵?は鯵丼に。

これは山輝亭の大のお気に入り。                    脂タップリで美味しいのなんの!

                                        Aji5 尾赤アジは刺身で。左側にあるのが、アジの中落ち(骨に付いている身)、右側が下ろししょうが(もちろんチューブなんて使いません)。

さてさて、肝心のおあじは?おーーっ寒!!凄い脂のノリなんだけど、養殖物の魚のようなくどさがなくて美味しい。トロアジだね。で、言われなければアジだと分からないくらいにクセがない。個人的には、少しクセがあった方が好みだが、魚嫌いの人にはいいかも。でも、魚嫌いに食べさせるにはもったいないか・・・(笑)。                                                                     

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/07/03

あ行

5月に今まで飲んだお酒のデータをまとめてみましたが、単品の銘柄が出てこないのは寂しいなぁ・・・。                       都道府県別だとありがちだし・・・と言うより大好きな長野・山形のお酒が一括りにされてしまう(苦笑)。そうだ!50音で好きなお酒をピックアップしてみよう!と思い立った。

と言う事で、第一回目はあ行から。

「あ」で始まる銘柄。9銘柄がエントリー。                        静岡の「葵天下」、福島の「あけぼの」、秋田の「天の戸」といいお酒が並ぶが、やっぱりこれだね!                                             Asaki 【麻輝・吟醸】                                           無濾過生原酒 直汲み中取り

山輝亭の大好きな、長野県の(有)千野酒造場のお酒だ。

メイン銘柄は「桂正宗」、麻里子さんが手掛けて知名度の上がっているのが「幻舞」。「麻輝」は某酒店のオリジナルブランド的に造られた、「幻舞」の上級バージョン。

今年の物は、少し酸味が強い感じ。リンゴの香りが旨い。生酒のフレッシュさはないが、原酒の力さと濃い目の味わいがなんともいえない。

「い」で始まる銘柄。6銘柄がエントリー。

千葉の「岩の井」、長野・尾澤酒造場「一人前」といいお酒もあるが、「い」と言えばこれだね。                                      Image20311_3 「磯自慢・純米大吟醸」

言わずと知れた静岡県の磯自慢酒造のお酒。

このお酒には「エメラルド」と言う別名がついている。                                          これも某酒店オリジナルの物である。

「う」で始まる銘柄。5銘柄がエントリー。                                     大御所の「浦霞」、愛媛県の「梅錦」等あるが、山輝亭の大好きな山形のお酒!                                                          Image89 「羽前白梅 俵雪・純米吟醸」

日本酒にハマルキッカケとなったのは「出羽桜」であるが、山形のお酒の良さを教えてくれたのが羽根田酒造(株)の「羽前白梅」である。

2003年の年初に飲んで以来口にしていないが、記事を書いていたらまた飲みたくなった。イチゴのような桃のような非常にフルーティーなお酒だ。くどい甘さもなくスッキリとキレていく。

「え」で始まる銘柄。以外にも少なく4銘柄がエントリー。                         新潟のお酒が口に合わない事もあり、「越後~」を2種類しか飲んでいないから少なくなっている。と言う事で、ほぼ無競争で決まり。ただし、「越後さむらい」については、珍しいのお酒なので別立てでブログに掲載予定・・・、多分・・・。                                  Image1885_1             「栄光富士・吟醸」                         古酒屋のひとりよがりとサブ名がある。

またまた山形のお酒である。富士酒造(株)のメインブランド「栄光富士」。

メロンのような上品な濃い香りの中に、洋梨のような爽やかな上品さの香りがいいバランス。ちょっと!?かなり!?高目なのだが(720ml・3690円)、非常に旨い。

「お」で始まる銘柄。かなり少なく2銘柄のみのエントリー。                   「奥播磨」と「男山」のガチンコ勝負。「奥播磨」有利な状況ではあるが、ここは引き分けで・・・。2銘柄じゃねぇ。しかも両方とも1種類しか飲んでないし・・・。

多分・・・、つづく。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/07/02

やって来た!静岡酒

ただの酒飲みの山輝亭を師匠と慕ってくれる珍しいありがたい人がいる。偶然にも誕生日が3日違いという事が分かり、それぞれのお酒のプレゼント交換。

Hirorin

届いたのが、この4本(+わさび漬)。

「開運・純米吟醸」

「忠正・純米吟醸」

「忠正・純米 海舟の山廃」

「忠正・特別本醸造 安倍街道」

hirorinさん、ありがとう。

感想は後日、と言う事で、有り難いお酒の肴は・・・。

Hirorin2

まずは、この間食べて気に入った、鶏のハラミ。                   刺身は「ウマズラ」だ。1匹100円の超お買い得品?非常に淡白で、歯応えがある。少し淡白すぎるか・・・(苦笑)。                              hirorinさんから、おしかりアドバイスを頂いた野菜不足解消に、ササミときゅうり入りのコールスローサラダ・わさび風。普段は隠し味に辛子を使うのだが、今回はわさび漬とわさびで作ってみた。

Uma これが「ウマズラ」。体調20㎝位で、鮫肌?のような皮を身にまとっている。細かい目のサンドペーパーみたいな感じ・・・(苦笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »