« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/30

大根

スーパーに行ったら大根が安く売っていた(1本98円)。                                   「そうだっ!イカ大根にしよう!」                                                と魚売り場へ。あれまぁ・・・、イカの高いこと・・・。1杯198円・・・。すんなり諦め、予定変更。                                                  Daikon_th 店内を歩き回り決めた肴がこれ。                                            左が、山輝亭が作る、寒い時期の定番「鶏大根」。右が「ホタテ大根・中華風」。奥にあるのが買ってきたおいなりさん。左から、山菜、五目、梅。

鶏大根はジックリ煮る事で、軟骨までスルリと剥がれるほどになるので、コラーゲンバッチリ。女性にはオススメ。                                        ホタテ大根は初めて作ってみたが、サッパリとしながらもホタテの旨味が大根に染みて美味いのなんの。こちらは、煮すぎるとホタテが硬くなるようなので、あまり煮込まない方がいいかも。

美味しいお酒と肴があると、飲み過ぎちゃうんだよねぇ。布団で寝ていないことがしばしば(苦笑)。これからの季節は風邪に気を付けないと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/29

新規開拓 Ⅱ

新規開拓というタイトルになっているが、お店の話しではありません。                                                        

いつも行く「景家」「いいだ」でもいいのだが、目新しさを求めていい店を捜してしまう。ところが、なかなかいい店に出会えないのも現実。それでも、いい店に出会えた時のワクワク感が忘れられずに、彷徨う事になる・・・。

しかし、山輝亭は気付いてしまった・・・。何に気付いたかというと、長野市の飲み屋の日本酒の品揃えがほぼ同じだという事。それは取りも直さず、良い酒屋が少ない事を物語っている。つまり、仕入先がほぼ同じだと思われるのだ。    

東京などでは仕入先も多いから、飲み屋の品揃えが重なるという事はあまりないだろう。でも、長野では8割・・・、下手をしたら9割方同じだったりする。                                                                 これではね、新規開拓をする楽しみがあまりない・・・。しかも、山輝亭はそのほとんどの酒屋に顔を出しているから、店の品揃えを見ればどの酒屋から仕入れているのかが分かってしまう・・・。

何軒も飲みに行ってながら、今更こんな事に気付くなんて、かなり遅い・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/28

新規開拓 Ⅰ

いつまでも同じ店ばかり行っていてはマンネリ化してくるので、新規開拓を試みるのだが、なかなかいい店に出会えない。

今回は「たのしや 哲」という店。ウリは静岡産(しぞーか) 詳しくはこちらへ コメントまで読んでねの鮮魚と日本酒とある。これは行くっきゃないでしょ。

他店ではあまり見ないいさきの刺身があったり、焼き魚の種類も結構ある。ウリにしているだけの事はある。残念なのは突き出しが、缶詰と市販のタコわさびにイカの塩辛な事。

さて、日本酒はと・・・。12・3種類くらいか。しかも、1銘柄1種類しかなく、ちょっと不満。                                                 まずはひやおろし・・・、あれ?1種類しかない・・・。という事で「嬉長(き=女偏に七が三つ)・特別純米 ひやおろし」を頂く。奈良県の蔵らしいが、初めて聞く銘柄だ。口に入れた瞬間、特別純米とは思えない非常にキレイで透明感を感じる。それも束の間、人工的な甘さと苦味が混じる。酸味が弱くダレた印象だ・・・。

久しぶりに「くどき上手・純米吟醸」。あの派手な!?ラベルね。冷やし方が強いせいか、味がしない。手で少し温めてみるが、苦味が強い。そしてかなりスッキリと言うかアッサリしている・・・。常温の手前くらいまでくると、少しフルーティーな香りが出てきたが、終わっちゃった(苦笑)。

なんかイマイチなので、これで最後と決めて、「鳳凰美田・純米吟醸 生 雄町」。この時期の生には多少の抵抗はあるが・・・。メロン・白桃を思わせる非常にフルーティーな香りが広がる。その香りが引けると、米の旨味・甘味がジワ~ッと出てくる。酸味がもう少しあると抜群なんだけどなぁ。

その他には、「十四代・中取り純米吟醸」「黒龍 いっちょらい」「勝駒」等がある。

画像がないのはお店の人に拒否された訳ではなく、忙しそうだったので遠慮しただけ。オーダーをすると、キチンと1升瓶のラベルを見せてくれる。

今回は魚系はオーダーしていないので、違う季節に行って魚へのこだわりをみてみたいと思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/09/27

飲める?飲めない?

先日、例によって献血をしてきました。                                     献血の記事、其の1 其の2

献血をすると、飲み物が自由に飲めますよね。                       長野の血液センターでは、コカ・○ーラさんの自販機が入っています。

山輝亭がいつも飲むのはアクエリアスなんですが、今回行ってビックリした。                                               今まではアクエリアスが3列並んでたんですよ。それが今回、変わってたんです。何に変わってたかというと、                                 アクエリアス・ホットです!

ん~、アクエリアス・ホットねぇ・・・。カルピス・ホット感覚か?                              皆さん、アクエリアス・ホット、飲めますか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/09/26

ラーメン ファンタジスタ

前回行った時は開催初日という事もあり長蛇の列だったが、さすがに20日も経てばガラガラだ。

今食べられるラーメンは3種類。                                             左から京都の「宝屋」、創作コラボの「汐留Nスタイル」、長野のラーメン店2店のコラボ「あの日のごちそう」。

Takaraya_1

Siodome_2

Gochisou_1

「さて、どうしよう・・・」と悩む。                                                  あっ、「何を食べよう」 と山輝亭が考えていると思っているあなた!まだ、山輝亭を理解してませんね・・・。理解しようと思わないか(苦笑)。                                                山輝亭は、「どれを食べるか」で悩んでいるのではなく、「どれを食べないか」で悩んでいるのです(爆)。

悩んだ末に決めたのが「宝屋」と「汐留Nスタイル」。                                        いくら客数が少ないといえども、それなりにお客さんがいるので、ラーメン丼を二つも抱えていると、視線が集中しているのが分かる・・・(汗っ)。

「宝屋」は細麺のストレート。醤油豚骨という事であるが、何か変なクセのある味。背脂が浮いているが、豚骨系にしては比較的アッサリしている。アッサリしているのに麺がストレートなので、麺を食べた時にイマイチスープの絡みが悪い。

「汐留Nスタイル」は「汐留ラーメン」と信州ラーメンのカリスマと言われてるらしい塚田氏のコラボレーション。                                         スープを一口飲んだだけで分かる強烈な魚系スープ。その正体は「かねがしら干し」と「石鯛干し」らしい。独特のクセのある味にハマリそうだ。こちらも細麺のストレート。クセの強いスープなので、あまり絡むとクドイ感じがするので、ストレートで正解か?

今行われているのは第1弾で、第3弾まである。                    1期間では最大5つのラーメンが食べられる。期間を通して提供される1銘柄に、期間中にパート1・2に分かれて提供されるラーメンが2つ。期間中全部のラーメンを制覇すれば15種類という事になる。                          後半になれば話題性は薄れる事を見越し、ぬかりなくスタンプカードが配られている。ラーメン1杯で1スタンプ。5杯でソフトドリンク1杯、10杯でラーメン1杯と引き換えてくれるそうだ。10杯にチャレンジ!?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/09/25

つくね

hirorinさんのブログをみていたら、つくね病が移った(笑)。って、いつの話しだ・・・(苦笑)。

という事で、つくね作製に取り掛かる。                                                モモ肉とムネ肉に、これがなくてはつくねと言うべからずという軟骨に卵黄・塩・胡椒を入れて、フードプロセッサーに。後は焼くだけ!

Tsukune

フワフワの中に軟骨のコリコリ感が最高だね。

こう、美味いと日本酒が止まりませ~ん!!

焼き鳥屋でワイワイ食べるのも美味いが、ハズレも多い・・・。    自分で作ればハズレも少ないし、美味しい事間違いなし!!それに安上がりだしね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/24

絆創膏

絆創膏、皆さんは何て呼んでますか?                                                山輝亭は「バンドエイド」ですが、「カットバン」「キズバン」と言うのも聞いた事があります。

先日新聞を見ていたら、「絆創膏の呼び方で出身地域が分かる」という記事が出てました。                                      Chizu_1「リバテープ」「サビオ」このような呼び方もあるんだぁ~。

この分類は東京女子大の篠崎晃一教授が、呼び方の地域的なバリエーションを「方言」ととらえ、約10年前に全国調査したものらしい。 

どの地域でも一般名称である「ばんそうこう」のほかに、複数の呼び方が存在しており、篠崎教授の調査を参考に、その都道府県で一番ポピュラーと思われる呼び名の分布をまとめたもの。商標名が一般名詞のように使われる例は多いらしいが(宅急便、サランラップ、テトラポットなど)、複数の商標名が定着していて、しかも地域格差のあるものは珍しいようだ。                                                                                                         

広く浸透しているのは、昭和34年に輸入されたジョンソン・エンド・ジョンソンの「バンドエイド」。10年前は全国でテレビCMをしていたのは「バンドエイド」だけというのも、知名度の高い理由だろう。

「リバテープ」は昭和35年に星子旭光堂(現リバテープ製薬)が発売。創業のルーツが西南戦争という、熊本県の老舗メーカー。熊本での認知度はほぼ100%らしい。                                                               九州では「カットバン」の知名度も高い。命名の由来は「ばんそうこうをカットしたもの」だから。佐賀県に本社のある祐徳薬品工業の商品。

北海道で強い「サビオ」は、スウェーデンの有名メーカーの商品。日本では昭和38年からニチバン、同50年以降はライオンがライセンス契約を結び、販売していた。                                                20年ほど前は、北海道でシェア1位だったが、平成14年に製造が中止されている。商品は消えたのに、商標名が一般名詞として使われ続ける珍しい例のようだ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/09/23

豐賀・純米吟醸

Yonekawat「豐賀・純米吟醸 直汲み生原酒」。

初日。お猪口に入れただけで分かる、物凄い炭酸。いかにも「生」って感じのフレッシュ感。                                     口に含むと洋梨を思わせる上品な香りが広がるが、変な香りがある。            

5日後。相変わらずの炭酸。味わいはブドウの香りに変化し、原酒の力強さも少し出てきた。全体のバランスとしては、少し甘さが残る感じだが、山輝亭的には気にならない。舌に刺激が残る。少しアルコール臭が出てきた。

9日後、18日後。5日後と基調は変わらず。少し苦味が出てきたが、この苦味があった方が、味わいが落ち着いていい感じだ。

このお酒は、高沢酒造が造っている。高沢酒造は「米川」ブランドを作っており、この「賀」は賀代子さんが立ち上げたブランド。                                 その名前の由来は、                                          【「豐賀」は豐宇賀能売命(とようかのめのみこと)からいただきました。
天女伝説の一説に天女がお酒を造り村人達の病を治し、村を豊かにしたというお話があります。
その天女がのちに神様として祀られこの名前になりました。
2年程前松本の四柱神社の宮司さんに天女伝説のお話をお聞きした時に、お酒の名前の参考にしてはどうかと言われ考えてみました。
「賀」という字がはいっているので、ちょうどいいなかぁって。
難しいほうの豐を使っていますが、これは「豊盃」とか「豊香」とかあるので、使い分けてみました。
実際私が読んだ資料には「豐宇賀・・・」となっていたので。】

評価は4/5。これはもう2・3年経てば、かなりいいお酒になりそう。やっぱり、自分で立ち上げたブランドだから、熱が入るのは当然か。一緒に買った「米川」はイマイチだったけど、「豐賀」は期待大!

長野県 高沢酒造(株) 1800ml 2,940円 

美山錦 49%精米 アルコール度17~18度

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/22

がんもどき 2

前回作ったときは、タネが柔らかすぎて綺麗な形にならなかったが、今回はバッチリだ。Ganmo2                                                                          そして、作り忘れた「明太がんも」もシッカリ作りました。                                 左側がそれ。う~ん・・・、明太子をケチりすぎたか(苦笑)、イマイチ明太子の味が薄い・・・。でも、これはね、多分美味しいと思う。ガンもが好きな人は、是非やってみて下さい。

真ん中は普通のがんも。前回同様、フワッフワッで美味しい。

右側が余った銀杏。これは素揚げにした。苦味がおいしい。                            新物の銀杏が出たら、また作ろっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/21

こんな物、発見! Ⅲ

二度ある事は三度あるではないが、三回目は我慢できずに購入してしまいました・・・。なんてったって、今回は日本酒ですから・・・(苦笑)。

Otokoyama1_1

「男山・特別純米」。

別にね、普通の「男山」だったら見向きもしませんでしたよ。                                                                               そして、ブログをやっていなければ、同じく見向きもしませんでしたよ。と思う・・・、自信はないけど。                                                   でもね、ブログをやっていると【ネタ】を見ると飛びついちゃうんだなぁ・・・。悲しいけど・・・(苦笑)。

Otokoyama2_1買ってしまった理由はこれ・・・。

「男山」と「旭山動物園」のコラボです!!                                             今年の夏の入園者数が、あの上野動物園を上回った「旭山動物園」です!!放って置けないでしょ(笑)。

購入したのは、「ほっきょくぐま館」の物であるが、他に「ぺんぎん館」と「あざらし館」があった。                                                    熟考の末、「ほっきょくぐま館」に決定。三種類を買わない山輝亭って、大人だねぇ(^_^)v

Otokoyama3

何で、「ほっきょくぐま館」を選んだかと言うと、右の大きな窓に写っている見学客の他に、宇宙服を着たような感じで、北極熊を見ているお客さんが面白かったから。                                                                       旭山動物園が有名になったのは、この動物の見せ方にあるんだから。

肝心な味は、可も無く不可も無く。でも、特別純米にしたらレベルは高いかも。                                                             苦味があるのだが、花のような蜜のような香りがする。余韻も無く、アッサリと消えていくのだが、なかなか面白いお酒でした。

                       

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/09/20

こんな物、発見! Ⅱ

先日の卵豆腐の変形バージョンに続き、こんな物があった。                                 それは、 

                                                                         Odenkan1_1 しぞーか(静岡)おでん缶なるもの。                                 内容は、うずら卵、さつま揚げ、なると巻き、牛すじ、黒はんぺん、糸こんにゃく。                                                          これを作っている会社がうずら卵の加工会社の為、うずら卵は3個入りです。

買おうかどうか迷ったけど、1缶353円はチト高い・・・。しかも、冷蔵で売られている。せめて加温器で温かい状態で売られていればねぇ・・・。

これって、静岡では当たり前に売られている物なの?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/09/19

米川・純米大吟醸

長野の誇る、美人4大杜氏の一人である賀代子さんのお酒。4人の中では杜氏デビューは一番遅い。

Yonekawajd

「米川・純米大吟醸」。

初日。苦味一色だ・・・。あの濃く、力強い味わいや香りがない・・・。

9日後。かすかにらしさは感じるが、苦味が強く、線が細い。

30日後。苦味は抜けるが、山輝亭の知っている、南国フルーツを思わせる香りや、米の旨味のある味わいとは程遠い・・・。淡麗中口という感じか?

評価は2/5。本人は「迷いが出ていると言われた」と言っていたが、山輝亭的には「自信のなさ」が出ているように感じた。自信がないから迷うのだろうが、もっと自信を持って、「これが私の造ったお酒!」と言えるようになれば、変わると思う。                                                    来年に期待です。頑張れ!!

長野県 高沢酒造(株) 720ml 1890円

美山錦 49%精米 アルプス酵母 日本酒度-1                     酸度1.6 アルコール度17~18度

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/18

がんもどき

おれんじさんのブログを見ていたら、おでんが食べたくなった。いや、おでんというより、がんもどきが食べたくなった(^_^;                   という事で、買いだし!

Ganmo_1普通に揚げたがんもと、煮物にしたがんも。

山芋を入れたので、もう・・・、フワフワがんもの出来上がり。 これはねぇ、いつ作っても美味しい。                                            中味は、人参、ごぼう、ひじき、きくらげ、しいたけ、ぎんなん。ちょっとタネが柔らかくなってしまったので、上手く形がまとまらなかった・・・。

煮物は、なす、いんげん、しいたけと一緒にしました。                                            が・・・、がんもが柔らかく出来上がった分、出汁を吸い過ぎて、味はいいけど・・・、見た目は失敗。

そうそう、揚げたがんもは、明太子を入れたものと二種類作る予定でしたが、スッカリ忘れてました・・・。出来上がって食べる段階で気付くという大失態。山芋が残っているので、近いうちに明太がんもに再チャレンジ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/17

すさまじい・・・

今朝、とてつもない事故を見た。いや、事故現場を見た。

信号がなぎ倒され、車が「く」の字になっている。まさに首の皮一枚繋がっているという位に破壊された状態だ。どうやったら、このような状態になるのかが不思議なくらいの事故だ。

Jiko1_2

Jiko2

家に戻りネットで検索してみると、この車には五人(四人が高校生)が乗車しており、二人が死亡、一人が意識不明の重体、二人が大怪我だそう(その後、意識不明だった高校生も死亡)。                                                                             これだけの凄まじい事故で大怪我ですむというのは、不幸中の幸いだろう・・・。

台風が接近し、見通しも路面状態も悪くなる。そして何より、スピードには注意をして運転をしなくては。皆さんも安全運転を心掛けましょう。

亡くなった方のご冥福を祈ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/16

実りの秋

8月10日には出穂していなかった美山錦であるが、9月も半ばになり稲穂が実ってきた。

Miyama92

実ってはいるが、まだ完全に黄金色と言うわけではなく、所々緑色の穂が残っている。

また、先端はスズメに食べられた痕が見て取れる。

Miyama91

右上にちょこっと見えるのが、スズメ除けの網である。

背が高い分、稲穂が実ると大きく頭を垂れている。見ている方もなんだか肩が凝ってきそうな感じだ(笑)。

本当の?田んぼにある美山錦は23日に稲刈りだそうだ。

今年もいいお酒が出来ますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/15

カップ酒

ひやおろしを買いに行ったのだが、目に付いたのがカップ酒。

Gizanagara

左側が山輝亭お気に入りの若戎酒造のお酒「忍者・純米酒」。                                                     右側が「長良川 五段純米」。四段仕込みは聞いた事あるが、五段仕込みは初耳。                                                 肴はイサキと金目鯛。

「忍者」は少し苦味があるが、口の中で転がしていると米の旨味・甘味が広がってくる。飲むと苦味は消えるが、キレがいまいちか・・・。

「長良川」は開封した途端に変な臭いがする。口に入れてもクセのある味。それ程強い甘さではないが、飲むと甘さが残る。クセのある味と甘さしか感じない。                                                                       御燗にすると、酸が立ってくる・・・。山輝亭には辛い味だ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/14

極辛カラムーチョ

最近、スナック類をほとんど食べなくなったので、スナック売り場自体に行かないのだが、誰かが呼んでいる・・・。                           呼ばれて行ってみるとそこには、                                                                 Kara_1 極辛カラムーチョ 8倍が・・・。                                  これは、迷わずに買い!!(笑)。                                                                 なんてったって、「カラムーチョ史上最強の辛さ」との謳い文句。                                                          以前食べた「カラムーチョ・辛さ2倍」にはガッカリさせられたから、これは期待大!!

まず一口。ん!?あまり辛くないなぁ・・・。                                                                        次々と口に放り込む。おっ!辛さが出てきたぞ。でも、これって、8倍なのかなぁ・・・。2倍よりは辛いけど・・・。                           発売当時?の中学生の頃に食べたのが一番辛かったなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/13

京都祭り第三弾

日本酒の肴にはピッタリのさつま揚げ(お好み天)。

Satsumaage

白いのがたこ天。赤いのが海老天。手前のがごぼう天。左側がお好み天。

見ためには具がたっぷり入っているように思うかもしれないが、食べると具の食感や味はあまりしない。

それにね、全部パサパサしてて・・・。全部で確か、1000円位。う~ん・・・。                                                                    さつま揚げは鹿児島に限る!?(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/12

坤滴・純米

Konteki「坤滴・純米酒」。                                                                            久しぶりに飲む京都のお酒だ。                                                                  雪平鍋のようなボツボツがビン全体に施してある。

初日。アルコール臭とヒネ香・・・。それしか感じない。

20日後。ヒネ香は消えた。アルコール臭も薄くなるが、飲んだ後に強くアルコール臭が残る。

30日後、同様。

という事で、しばらく常温で保存(放置)してみる事に。なので、評価はその時に・・・というより、評価は0に近い

京都府 東山酒造(有) 720ml 1470円

山田錦 60%精米 アルコール度数15~16度

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/09/11

♪た~らこ~ た~らこ~

このCMソングがグルグルと頭の中で回り続ける。気付くと、軽く口ずさんでいたりする・・・(苦笑)。

こうなると、晩御飯は                                        Pastam_1 明太子パスタ。疲れているので、完全手抜き(笑)。明太子ソースは掛けて混ぜるだけの物。                                                                                                              山輝亭の明太子パスタは、茹でたパスタをオリーブオイルで軽く炒め、醤油で薄く味付けをしてあります。                                                       左はチキンの照り焼き。食べたけど、パサパサで美味くない・・・。このスーパーの惣菜は何を食べてもイマイチ。併設してあるガソリンスタンドが、カード利用だと4円位安くなるので、給油する時にたまによるのだが・・・。                                                                 コーヒーカップはコーンポタージュ。粉末ではなく、缶の物を温めてあるので、こちらは美味い。

♪た~らこ~ た~らこ~ たっぷり た~らこ~                                               食べている間、ずーーっと流れていた(笑)。

これって、CD発売されているんだね。知らなかった・・・。歌は小学生ユニット・キグルミが歌っているそうだ。

泳げたいやき君団子三兄弟に続く、食べ物ヒットになるか!?との宣伝文句。たらこ料理はブレイクするのか!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/10

こんな物、発見!

先日、スーパーに行ったら、物凄い物を発見した。

健康志向の高まりで「ごま豆腐」「黒ごま豆腐」が販売されているのは知っていた。そして、ここ1・2年でブームになっている?黒豆ココアを使った「黒豆ココア豆腐」が発売されている事も、まぁ、納得。

ところが、その隣に「栗豆腐」なる物がある。う~ん、栗豆腐?どんな感じなんだろう・・・。

と、思っていたら、その隣に豆腐には似つかわしくない派手な色をした物がある。それは、「苺豆腐」!!

これはあまり想像したくないなぁ・・・。                                  黒豆ココアに栗に苺、ここまで来ると、プリンだね。そのうち、カスタード豆腐とか出来たりして(笑)。

そうそう、昨年のこんな記事も思い出した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/09

両刀使い

山輝亭はお酒が大好きである。そして、甘いものもそこそこ好きである。4号位のケーキなら楽勝で平らげられる。こういうと、怪訝な顔をされるが、好きな物は仕方ない。

京祭り第二弾!!                               Maccha抹茶ロールケーキ。                                             「まざあぐうす」という有名なお店の物らしい。約12cmで500円は良心的か?

小さな黒い物体が大納言小豆。白い物が生クリーム。黄色いのがカスタードクリームで、その中に砕いた栗が入っている。

フワフワのスポンジに、甘さ控え目でありながらコクのある生クリームがいいねぇ。大納言小豆の食感&甘さもいいアクセント。少し甘めのカスタードクリームだが、全体のバランス的には問題ない。口の中にある時は感じないが、飲み込むとシッカリとした抹茶の香りが全体を引き締める。美味しい~。

大納言小豆と生クリームを食べると和。カスタードと栗を食べると洋。どちらも美味しい。一緒に食べてもバラバラにならずにまとまっているのが凄い。美味しくて、不思議なロールケーキでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/09/08

鱧寿司

長野市で唯一の百貨店である、東急百貨店で                          「ラーメン・ファンタジスタ」なる企画があり、行ってきた。                                                 しかし、平日だと言うのに、物凄い混みよう・・・。ゆうに1時間待ちだそう・・・。並んでいる人達は仕事もしないで何してるんだ!!って、山輝亭もか(苦笑)。旨いんだかどうか分からないラーメンに1時間以上付き合う気はないので、またの機会に。

催し物会場では、「第27回京祭り」が行われている。もちろん、事前調査済みで、狙うは3つの物。

Hamo第一弾は「鱧寿司」。                                            左側が湯引きの鱧の握り。右側が焼き鱧の押し寿司。

湯引き鱧は、身の厚い鱧がドンと乗っている。淡白ながらも脂の乗った、甘い鱧が美味しいねぇ~。4カンで950円は、まぁ、納得か。                                                                                 一方、焼き鱧も厚い身が惜しげもなく乗っているが、身が硬い。鱧だか何だか分かりゃしねぇ・・・。こちらは4カンで1680円!!有り得ない・・・。金返せぇーー!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/07

去りゆく夏

ふと考えたら、今年の夏は枝豆を食べていないかも・・・。飲み屋でお通しとして出た記憶はなくはないが、本格的には食べていない。この時期に美味しい枝豆を求める事自体が無理である事を承知でスーパーへ。

Nasumame

地元産の枝豆を発見。そして丸茄子。

丸茄子は辛子茄子に。タップリと辛子を入れたはずなのにあまり辛くないなぁ・・・。美味しいけど、山輝亭的にはイマイチ。

この枝豆期待してなかったけど、結構イケル。豆の旨味がシッカリとあり、噛んでいると甘味がジワッ~と出てくる。長野の枝豆ってこんなに美味しかったんだ~。来年はいっぱい食べるぞーー!

今日はヘルシーなおつまみです・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/06

検定試験

検定試験と言えば、子供の頃のそろばんに始まり、高校での英語検定や簿記検定など、皆さん何かしら受けていて資格をもっていらっしゃると思います。                                                                     どちらかと言うといや、ほとんどが実務的な試験が多かったと思います。

ところが最近、マニアックな検定試験が増えてきていますよね。                                                          その発端だと思われるのが1999年に始まった時刻表検定試験です。そして、検定試験に火を付けたのが、2004年に始まった京都検定ですね。この成功により、各自治体がこぞって検定試験を行うようになってきています。沖縄旅行地理検定、金沢検定、札幌シティガイド検定等など。

ちょっと調べてみました、おもしろ検定。

まずは映画検定。今年スタートです。これって、もっと前からやっていそうなイメージがあったのですが・・・。

前からやっているという事では日本語能力試験。今年で23回目だそうだ。ただし、この試験は日本語を母国語としない人が対象です。従って、おもしろ検定と言う範疇には入りませんね。

笑ってしまったのが、明石・タコ検定。これは昨年が第1回です。京都検定からヒントを得てのものでしょう。それでは問題。                                                       1、タコが自分の足を千切るのは何故?                                          ①越冬の為 ②空腹の為 ③産卵後、身を軽くする為 ④ストレスの為                                                                                     このような検定はありえないと思っていたら、いい問題が・・・。                                                   2、ありえない事を例えるのに使う、「タコの○○」。○○に入るのは?①あら汁 ②滑走 ③酒酔い ④はちまき

京都検定と同じ年にスタートしたのが地図力検定。                                              懐かしい言葉を発見したので、問題。                                  3、「地球は青かった」と言った、ガガーリンが見た地球の姿は、どの図法で表したものか。                                                    ①断裂図法 ②投射図法 ③円錐図法 ④円筒図法

これぞマニアック?忠臣蔵通検定。日本人が大好きだとされる忠臣蔵ですが、第1回は昨年行われています。しかし、受験者は67人・・・。                                                                 4、大石内蔵助の好物は?                                               ①新そば ②ちまき ③とうふ ④いも汁

検定と言うよりは、業界内部のレベルアップと言う色彩が濃お墓ディレクター検定なるものもあります。                                        今年始まるものでは、江戸文化歴史検定、境港妖怪検定があります。両方とも、まだ受付期間中ですので、好奇心の旺盛なあなた!是非チャレンジを!!

問題の解答です。                                                     1ー④ 2ー① 3-② 4-①

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/05

雪の茅舎・純米大吟醸

Yukinobousyatobin1「雪の茅舎・純米大吟醸                                 斗瓶中取り」。

「斗瓶のイメージで、ミニチュアビンに詰めた」と書いてあります。中取り酒を大切に扱っている感じで、「箱入り娘」のようです。

初日。メロンを思わせるフルーティーな香りで旨いなぁ。まだ少し若く、硬い感じ。

7日後。硬さが取れ、まろやかになってきた。雑味を感じず、上品で綺麗な仕上がりだ。旨い!                                         常温になると、もったりした感じでイマイチ。

14日後。あれっ!?なんか、味が抜けちゃった・・・。飲み頃を逸したか・・・。

21日後。死んだと思わせ、大復活!                                      お猪口から口に入れる瞬間にメロンのフルーティーな香りが広がる。ただ、重たいものではなく、スッキリと飲める。酸味が突出せずに、いいバランスでまとめている。                                          少し甘めだが、完璧に山輝亭好み。

評価は文句なしに5/5。ここのお酒は、由利正宗も含めて本当に旨いなぁ。

秋田県 (株)斎彌酒造店 720ml 3675円

山田錦 40%精米 自社特撰酵母 日本酒度1 酸度1.6                                    アミノ酸度1.1 アルコール度16~17度

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/09/04

ハマッテる

何回も書いているが、山輝亭はリピーターである。                      で、今ハマッテいるのがこれ。

Pastas

パスタとグレープフルーツジュース。

何故か、最近グレープフルーツジュースのト・リ・コ(笑)。

そして、パスタ。パスタは以前から好きだったのだが、今ハマッテいるのは「醤油系パスタ」。                                                                           今日のパスタは、鮭とブナピー(白いしめじ)・エノキの醤油炒め。玉葱を入れたのがちょっと失敗かな。                                           何か、お薦めの醤油系パスタがあったら教えて下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/03

天法・純米吟醸

Tenpouj 「天法・純米吟醸 生原酒」。

初日。生酒らしいフレッシュ感でありながら、熟したリンゴの香り。口中にあるうちは感じないが、飲むと雑味を伴った苦味が残る。

14日後。基調は変わらないが、雑味と苦味が薄れて飲みやすくなる。香りもあるのだが、何か物足りない。原酒の力強さか?

18日後。一変した!雑味・苦味が完全に取れ、華やかなメロンのような香り。なめらかで丸味があり旨い。

30日後。フルーティーさに落ち着きが出てきた。山輝亭的には酸味が少し立ち、飲み頃を少し逸した感じだが、なかなか旨い。

評価は4.5/5。店主には「4000円の価値がある」と勧められただけの事はある。天法は「瀬川ブランド」以外はイマイチだったが、この純米吟醸はイケル!ただし、生原酒のイメージはない(苦笑)。

長野県 天法酒造(株) 720ml 2100円

アルコール度 16~17度

あれっ原酒の割りにアルコール度低いな・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/09/02

ホッキ貝

昨日の反省からわずか1日。皆様の「自然体がいい」のコメントに甘え、日本酒ネタから外れる。

Hokki1姥貝=通称ホッキ貝。                                             握りこぶしを一回り位小さくした感じの大きさ。1個100円は安いよね。

Hokki2

ちょっと・・・かなり汚いが、右側が食べられる部位。左側が内臓。

捌くのが難しいと思っていたが、結構簡単。

Hokki3

左側が皆さんがご存知のホッキ貝。                                        右側が生のホッキ貝。軽く湯通しをすると、ピンク色に変化する。

生でも食べられるようだが、貝の食中毒が恐いので、一応湯通しをした。

Hokki4

お店で見る濃い赤が嘘のように、きれいな桜色をしている。

これがね、目茶苦茶美味しい!                                    こんなにホッキ貝が甘いものだとは知らなかった。                                                 柔らかいのに、歯応えがあって美味しかった。今度は生で食べてみたいなぁ・・・。

お店で見掛けたら、是非。購入してみて下さい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/09/01

反省・・・

8月はタイムマシーンを駆使して、ブログ開設以来初の                   月間皆勤賞。                                                                                                    お気付きの方もいらっしゃると思いますが、8月は日本酒ネタが少なかった。調べてみたら、31日の内、日本酒を題材にした記事は8件しかない!25.8%・・・、4日に1回。                            ちなみに過去をさかのぼると、                                    5月は24日投稿して15件、62.5%、                                                 6月は25日で12件、48.0%、                                                               7月が21日で9件、42.8%

見事に悪化の一途!これでは酒飲みブログが泣く!!                   9月は肝臓を労わりながらも、日本酒記事を増やしていかなくては。                                                 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »