« 尾赤アジ | トップページ | 長野の酒メッセ 2007 »

2007/10/18

レオナルド・ダヴィンチ

最初で最後とアップをした「文化・芸術」カテゴリーから2年2ヶ月。二つめのカテゴリーとなりました。

行ってきました                                                                                レオナルド・ダ・ヴィンチの頭脳展。 Photo_6                               一度行ったのですが、何と!!休館日・・・。                                          美術館って月曜休みのイメージがあるので、水曜日にノコノコと出かけたら・・・。                              しかも、バスに乗り、10分も歩いたのに・・・。

1階には彼が書き残した手稿を元にした模型が中心に展示されています。                                         ほとんどのものに「手を触れないで下さい」との注意書きがある。中には実際に動かせて、仕組みを実感出来る模型もある。 

2階は絵画が展示されています。                        「最後の晩餐」「聖アンナと聖母子」等が展示されています。

Photo_8

1階での展示では「橋作り」が印象的だった(左の画像のアーチ状のもの)。16本の丸太を組み合わせて橋を作るというもの。簡単に組み立てられ、簡単に崩せるという事で、軍事的な目的で考案された物のようだ。                                         以外にも?ダヴィンチは軍品の発明も結構している事を知った。

2階でのメインは【受胎告知】である。デジタルカメラで撮影をし、原寸大にしたまるで写真のような【受胎告知】に感動!                       しかも、最新技術を元に、タッチパネルにてデジタル化された絵が最大4倍まで拡大して見られるのだ。今まで解読不能だった、マリア様の右手に触れられている聖書の文字までもがクッキリ映し出されているのだ。

山輝亭の無知を・・・。                                          ダヴィンチ展ですから、モナリザの微笑みも当然あります。このモナリザさん、右半分と左半分で若干笑顔が違うらしいんです。知らなかった・・・。                        個人的な好みで言えば、(向かって)右側の方が好きだなぁ。左の方は少し冷淡な笑いのような気がする。 Photo_11

お土産にクリアファイルを購入。

このダヴィンチ展、21日までやっています。信濃美術館オリジナル展のようです。                  お近くにお住まいの方は是非ご覧あれ。

|

« 尾赤アジ | トップページ | 長野の酒メッセ 2007 »

コメント

モナリザがどうして微笑んでいるのかっていう説もいろいろありますよね~。柔らかい雰囲気なのに、計算しつくされたち密な絵でもあり・・調べればまだまだいろんなことがわかりそうな謎解きもあって、なんとなくみんなの好奇心を書きたてるんだろうな。

私は子供のころに何度もモナリザのジクソーパズルをやったので・・どうしてもモナリザ見ると、バラバラになったパーツが見えてしまう。

投稿: hirorin | 2007/10/19 10:32

hirorinさん、おはようございます。

>モナリザがどうして微笑んでいるのかという説も色々ありますよね~。
そうだね~。でも山輝亭は、昔から「微笑んでいる」ようにはあまり感じなかったんだけど・・・。

>柔らかい雰囲気なのに、計算しつくされたち密な絵でもあり
下には違う絵があるっていうのは全然関係なかったっけ?

>謎解きもあって、みんなの好奇心を書きたてるんだろうな。
みんな一生懸命見てたよ。
そんな中で、山輝亭は手を顔に当ててモナリザを半分ずつ見てた(苦笑)。

>子供の頃何度もモナリザのジクソーパズルをやったので・・
>モナリザ見ると、バラバラになったパーツが見えてしまう。
ハハハ・・・、分かる分かる。モナリザのジグゾーパズル流行ったよね。

投稿: 山輝亭 | 2007/10/20 07:02

モナリザにはいろんな謎というか解釈があって
未だに論じられているようなのですが、
個人的には、ダヴィンチは別に謎も何も考えずに
書いたモナリザを現代人が勝手に謎として論じているだけで
だったら面白いのになぁと思っています(笑)

投稿: 酔ゐどれ | 2007/10/21 10:17

酔ゐどれさん、おはようございます。

>モナリザはいろんな謎・解釈があって論じられていますが、

昨日の新聞にも、モナリザには眉毛が描かれていたという記事が載ってましたね。

>個人的には、ダヴィンチは別に謎も何も考えずに書いたのに、
>現代人が謎として論じているだけだったら面白い
>のになぁと思っています(笑)
そうですねぇ、確かに描いている時にはそこまで考えていなかったのかもしれませんね。

投稿: 山輝亭 | 2007/10/22 07:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77934/16732331

この記事へのトラックバック一覧です: レオナルド・ダヴィンチ:

» レオナルド・ダ・ヴィンチ 絵画 [レオナルド・ダ・ヴィンチ素描集]
『ダ・ヴィンチ 天才の仕事-発明スケッチ32枚を完全復元』 ドメニコ .../「壁画<最後の晩餐>の修復」という最近最大の美術史学上の事件については『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界』中にもきちんとした報告文があったように、元はどうやら、派手な色を投入した、我々が長..... [続きを読む]

受信: 2007/10/19 15:59

« 尾赤アジ | トップページ | 長野の酒メッセ 2007 »