2006/06/20

冷めた目で・・・

とうとう禁断の!?ワールドカップネタ・・・。書かないようにしてたんだけど・・・。サッカーファンの皆様、お許し下さい。

前回は開催国と言う事でベスト16に入り大いに盛り上がったが、どう見ても世界との差は大きい事を痛感した。                           

そして、ドイツ大会。今までと何も変わらないままのW杯だ。何が変わらないって、得点力不足!一体、いつからの課題なのか・・・。                             もしこれが企業なら、アッと言う間に倒産だ。                          それでも夢を見るファン・・・。                                                  そう言えば、どこか外国の新聞が「ジーコが可哀相」という内容の記事を載せていた。日本はシュートを打たないとか、日本人はペナルティエリアに入ると消えるとか書かれていたようだ。                                                            それでも、何も手を打たないジーコの采配はどうかと思うが・・・。

日本が強くなったというが、所詮本気モードとは遠いレベルでの試合。野球に例えるなら、相手チームはオープン戦のような感じで、日本はWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)並みの本気モード。これで互角か、若干日本が強いだけの話し。                                     W杯のような各国が本気モードの中では所詮、井の中の蛙。               

しかも、外国人監督じゃ目先の事しか考えないから、4年後の南アフリカ大会なんて全然眼中になし。若手の代表選出が皆無だもんね。                                                     17歳のウォルコットを選出したイングランドを始め、ブラジル、アルゼンチン、スペイン等、強豪国はキチンと将来を見据えている。もちろん、お隣の韓国もね。

冷静に考えれば、最悪で3連敗。良くて1勝1敗1分。山輝亭は2敗1分(豪州と引き分け)と予想していたので、最悪の3敗がなくなっただけ良かったか・・・。                                        最後のブラジル戦、アルゼンチンVSセルビア・モンテネグロのようにならない事を祈るのみ。

それでも4年に1度のW杯は楽しみだ。話題の選手・チームを見られる事、突然現れる大会のヒーロー。                             日本戦ばかり見ていてもね・・・。

アメリカって、5大会連続8回目の出場なんだね。8回目と言えばオランダと同じ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)