2006/08/13

今更ながら・・・

先週の日曜日は全国的にも少しだけ話題になった、長野県知事選挙の日。

「出口調査の結果」という言葉をよく聞くが、今まで遭遇した事がなかった。しかし、今回遭遇しましたよ。                             Senkyo_1山輝亭は聞かれる事はありませんでしたが・・・。

この方々はA新聞の腕章をつけていました。が、どう見ても新聞記者には見えない。しかも、右側の女性は松本ナンバーのレンタカーで、会場に来る時には地図を見ながら迷ってた(笑)。

それにしても、本当に出口調査ってしてるんだね!!

当日開票の結果、現職の田中康夫氏が約78,000票の差をつけられて、前衆議院議員の村井仁氏に敗れた。

新聞なんかを見ていると、村井氏への期待と言うより、田中氏への批判という要素が大きかったように感じた。

今回の選挙、どちらに投票するか迷った。                          田中氏は、住民票を泰阜村に移した事、新党日本代表である事の2点がね・・・。                                       村井氏は具体的な政策が見えない。「対話」ばかりを強調。前回の衆議院選挙には「郵政民営化に反対」として、自ら立候補をしなかった人物。そして「国から貰えるお金は、ジャンジャン頂けばいい。」発言。

山輝亭は田中康夫氏に1票を投じてきました。理由は村井氏よりも改革をしてくれる可能性があるから。                           対話は大切だし必要な事だが、トップが対話を主に仕事が出来るのか疑問なのだ。「総論賛成・各論反対」なんだから・・・。                                 「国からのお金=税金」という事を理解しているのだろうか?国自体が財政再建をしなければならない時期に、この発言には呆れた。この一言で、昔ながらの自民党の「バラマキ政治」をやるんだと感じた。

さてさて、村井氏が勝った事により、県庁にあるガラス張り知事室が撤収される事になる。なので、見てきました(笑)。                       Tiji1_1 田中氏はお盆休みらしく、知事室も閉まってます。これでは何がなんだか分かりませんね(笑)。

カーテンの掛かっていない方の奥に知事の机があり、その前に楕円形の大きなテーブル&15人分くらいの椅子があります。そこで、役人と会議をしているようです。

Tiji3県庁敷地内にある池には鯉が泳いでます。帰りがけにちょっと覗いてみてビックリ。ここの鯉は来庁舎に餌を貰っているのか、池の淵に立つと鯉が群がってくる。

Tiji4_1

                                       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/08

51と135

この数字、何だか分かりますか?この数字、最近、山輝亭が気になっている数字です。

51は日本にある原子力発電所の数。                              135は日本にある米軍基地の数。

両方の施設があるのが10道県、ないのが16府県。幸な事に!?山輝亭の住む長野県には両方ともないのだが、この数を知った時には驚いた。

原子力発電所は13道県にあり、7基が建設中及び建設準備中である。電気事業審議会によれば、原子力発電の供給量を99年の34.5%から2010年に45%まで引き上げる計画のようだ。

確かに、原子力発電のメリットを聞けば増設したくなる気持ちも分からなくはない。                                              少ない燃料で大きなエネルギーを作れる。1gのウラン235で石油約2klに相当するエネルギーを作れる。                              1kWhを発電する時にかかる原価が安い。石油による火力発電が10.2円に対し、原子力の場合は5.9円。                              二酸化炭素が発生しない。原子力発電は、核分裂による熱エネルギーなので、二酸化炭素がしない。

化石燃料に依存したエネルギー供給が破綻するのは目に見えている。原子力発電も必要だろう・・・。メリットも多いし、それを否定するつもりはない。しかし、ここまでの数が必要なのだろうか?安易に原子力に頼り過ぎていないだろうか?もっと、リスクの少ない水力・風力・太陽光発電に力を注ぐべきではないのか?

米軍基地は、沖縄県の37施設、北海道の344,634千㎡を筆頭に27都道県にある。全国合計で、1,011,359千㎡だ。と言ってもチンプンカンプン(笑)。東京ディズニーランドが51ha。単純計算で、東京ディズニーランド1983施設分!!これでも分かりにくいかぁ(笑)。東京都の約半分ならどうだ!!

果たして、日本に135もの米軍基地が本当に必要なのだろうか?2005年の在日米軍駐留経費は2378億円だ。ちなみに、今年度の中小企業対策費は1616億円だ。                        この予算の使い方、間違ってないか!!

山輝亭がブログで書かなくても、国会議員のセンセイ方はちゃんと日本の将来を考えてくれていますよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/14

どうなんだ!?

共同通信社の世論調査が発表された。

内閣支持率が解散直後から約12%上昇し59.1%になったようだ。まぁ、選挙結果からすれば当然といえば当然か・・・。しかし、自民党大勝の結果に「良かった」という回答が39.4%にも上る結果には恐ろしさを覚える。今回の自民党の議席数は自民党の思うがままになる数である。その事を本当に理解しているのだろうか・・・。

例えば、自民党のマニュフェストの中には、『道州制導入の検討』、『「新憲法制定」への本格的取り組み』、『安全確保と大前提とした原子力の推進』、『防衛庁を防衛省へ』、『国の防衛体制の整備と日米安保体制強化』がある。

憲法の改正をして『自衛隊を軍隊とする』事が謳われているとしか思えない。いまだ運転が停止している『文殊』の問題が解決していないのに、原子力を推進するとは・・・。

今回の選挙で重視したテーマ「郵政民営化」という比率が約32%・・・。情けなさ過ぎませんか?

そして、参議院で「郵政民営化法案』に反対した議員全員(離党した荒井議員を除く)が賛成に転じるという。理由は『国民の明確な意思を重く受け止め尊重したい』というものだ。一見正論のように感じるが、果たしてそうなのか?

100%の国民が郵政民営化に賛成した訳ではないし、一番重要なのは、反対した議員の理由は『この法案では賛成できない』というものであったはずだ。その肝心な法案が変わらないのに、賛成に転じるというのは無責任すぎないか?今回の調査でも郵政民営化関連法については、53.4%が『慎重に議論すべきだ』と回答している。

つまり、「郵政民営化には賛成だが、法案の内容は見直しを含めた検討を」というのが民意で、反対した議員と同じスタンスのはずだ。それを、議席数が大幅に増えた事が『民意』と簡単に判断して賛成に転じる理由が分からない。

衆議院選挙での反対派に対するイジメを見てビビッタのか、そもそも信念など無かったのか、オヤジである康弘氏への扱いに対する復讐の為だけだったのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/12

負け!!

昨日、投開票が行われた「衆議院選挙」は自民党の独り勝ちに終わった。

私は俗に言う「無党派層」である。今回は小選挙区も比例区も「民主党」に入れた。

私は基本的には、郵政民営化に賛成です。しかし、「郵便業務」の問題がネックでした。長野市という地方ではあるが、市内に住んでいる者にとってはあまり関係のないことであるけれど、ひとたび山間部に行けば「郵便業務」はなくてはならない物であると強く感じるから・・・。

それ以外にも「小泉内閣」に不信感があった事が、「民主党」支持になった理由です。

1、小泉首相の行ってきた改革は、結局は骨抜きにされた上辺だけの改革であった事。

2、「郵政を民営化する事で歳出削減」と言っているが、郵政公社の職員の給料郵政公社の利益から完全に出されており、言っている事が的外れ。

確かに、公社である事で、税制面の優遇は受けているが、これで大幅な歳出削減にはならない。

3、前回の衆議院選挙で話題になった「比例区73歳定年制」問題。

中曽根康弘、宮沢喜一と言う元首相の例外を認めず引退に追いやった小泉首相。今回の選挙では、何と3人の例外を認めているのである。別に私が二人のファンだという事ではない。さらに、重複候補が6人。

比例区単独立候補者は3人の内2人が当選している。しかも、名簿順位が1位と3位。当選して当然の順位。

重複立候補者6人のうち4人が小選挙区で当選。まぁ、これは良しとしよう。1人は惜敗率45%で当然の落選。もう1人は惜敗率こそ83・76%と高いが、名簿順位4位である。しかも年齢73歳。これは矛盾ではないのか?

という事で、小泉首相は自己都合の政治家と判断し、民主党に入れたのだが・・・。

諸外国に比べると演劇・芸術に関心の薄い日本。しかし、今回の小泉劇場は超大入りの立ち見客が出る公演だったという事か・・・。それも演技(政治)が出来ない大根役者(素人刺客)集団に拍手喝采だったと思う・・・。

話しは変わって野球。

おいおい、昨日の落合の采配は何なんだ!!!

8回表二死走者なしの状況とは言え、同点の場面で二番手ピッチャーの鈴木をそのまま打たせるとはどう言う事だ!!

ドラゴンズは、残り試合を勝たなくてはならないのだ。引き分けでは意味がないんだ!!それなのに、点を取りに行かない采配なんてあり得ないだろう!!

「残り試合、全て勝つしかない」と言っているのに、全然違うじゃないか!!やる気あんのか!!まぁ、もう優勝を諦めてる自分が言うセリフではないが・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/09/11

選挙に思う事

今回の衆議院選挙は非常に大きな話題で、どこもかしこも取り上げている。それはそれで良いのだが、TVを見ていて非常に気になることが多い。それは言葉使いである。

小選挙区・比例区に「重複」(ちょうふく)立候補を「じゅうふく」と読んだり「刺客」(しかく)「しきゃく」と読んだり・・・。聞いているだけでイライラする。確かに、「じゅうふく」「しきゃく」と読む事も認められて来てはいるが「喋る事を商売」にしているアナウンサーコメンテーターなら正しく読んで欲しい。

前回衆議院選挙で使われた費用は、何と736億円!!投開票に関わる人件費等が301億円、候補者の運動費用(ポスター・ハガキ・新聞広告等)が241億円だそうだ。

残り約200億円。全てではないのだろうが、総務省・中央選挙管理会が使っているものと思われる。「宇宙飛行士が選挙の為に地球に戻る」というTVCMや、「川口能活、加藤あい」を起用したポスター、その他諸々の投票率アップの為の費用・・・。

そして、驚いたのが昨日の14:03に携帯(ドコモ)に送られてきたメッセージフリー(受信料・登録料無料で、広告主のキャンペーン情報や新商品のお知らせなど、おトクな最新情報が届くサービス)。何と、総務省・中央選挙管理会からきた。おいおい、こんなとこにも税金使うのかよ。

しかし、よく考えてみれば、投票率を上げる為に税金を使うというのもねぇ・・・。我々の権利を行使すれば使わなくて済む税金。投票に行かなかった人から投票率アップに使った税金を徴収するべきだと・・・。

そんなこんなを考えながら、既に投票を終わらせてきた山輝亭でした。

長野は雨が降ったりやんだりしています。この状況だと投票率が低くなるのでしょうか?事前調査で90%以上の人が行くと答えた選挙、天候に関わらず投票をして欲しいものです。雨が降ろうが晴れようが、今後4年間はその政治家に任せなければならないのですから・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/20

どうなってるの?Ⅱ

今日の朝刊に気になる記事が・・・。その記事とは、4-6月期連結決算「石油元売り大手4社 ガソリン高で増益慌ててネットでも調べてみる。

原油高によりガソリンや灯油が値上げされ、売上高が伸びる事は理解出来る。しかし、純利益が大幅に伸びるというのはどう言う事?しかも、過去最高を記録とは。

その理由は、「石油や天然ガス開発事業の収益の伸び」「原油高による在庫評価益が膨らんだ」事らしい。

新日本石油の純利益は、5月発表の340億円から740億円!!に大幅上方修正。昭和シェルも通気の最終利益を350億円から470億円に上方修正。

しかし、ガンガン値上げをして純利益が過去最高と言うのはどうなんだ?便乗値上といわれても仕方ないのではないか?

そんなに純利益が出るんなら、ガソリンの値下げをしてくれーーー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/08

衆議院議員解散

郵政民営化法案が参議院で否決され、衆議院が解散され総選挙が決まりました。

私は基本的には、郵政民営化に賛成です。

しかし、今回の「参議院での否決」「衆議院の解散」にも賛成です。

単純に考えれば矛盾してしいます。今回の法案には「ビジョンがない」と思うんです(最近自分のブログで話題にしているビジョンです)。小泉首相は郵政民営化を自分の政策の最重要課題としています。それはそれで評価しますが、先行きが不透明なんですよね。郵政民営化のデメリットに対しての展望が見えないんだなぁ・・・。「考えていても改善しない」、それなら「行動してみる」というスタンスはビジネス社会ならある程度通用しますが、政治の世界ではどうなんでしょう・・・。

今までの政治は「利権政治」でした。その利権を絶とうとする小泉さんの考えは(不順な部分はありますが)賛成です(しかし、その成果が上がっているかと言うと疑問ではあるが)。郵政で問題になるのは、「郵貯」の使い道である「財政投融資」。そこにメスを入れるのは大いに賛成。しかし、一方で「過疎化」「高齢化」の進む地方で「郵便事業」に対する不安には答え=ビジョンがないんですよねぇ。それなら「半官半民」でもいいのでは・・・、と思ったりします。

このまま解散総選挙となれば、自民党(&公明党)は過半数を取るのは難しいでしょう。となると民主党の政権奪取。民主党が政権党としての力があるかと言うと・・・。どのような組閣をするかによって民主党の本気度が分かるのではないでしょうか。自民党を離党した人間を重用するのか、若手を重用するのか・・・。もし、後者なら今後に期待が持てる。しがらみがない分、改革に期待が持てる。結果は出なくても、その後の政権党に対しての何らかのプレッシャーは与えられるでしょう。

小泉さんは、ビジョンがなかったので改革は中途半端でしたが、自民党をぶっ壊すと言う執念を貫きました。これが唯一評価出来る事でしょう。

民主党は、小泉さんが頑張って!?暴いた無駄な税金の使い道をキチット絶った予算を作れるかどうかでしょう。年度末に行われる無駄な工事、社会保険庁の無駄な保養施設、警察の裏金、NHKの裏金、道路公団天下りの温床等など。小さな無駄をなくし無駄な予算を省き、増税しか思いつかなかった小泉政権とは180度違った予算作成を目指して欲しい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/03

いちごミルク

本日の新聞に「いちごミルク」味の魚肉ソーセージが発売とある。

『業界全体の魚肉ソーセージの売上高は、04年度が約465億円05年度は約470億円と予想され、売上は伸び悩んでいる。、魚肉ソーセージを食べない子供も増えてきた為、子供の最も好きな果物(アンケート結果)を使ったいちご風味で人気回復を目指す。』

いちごの濃縮果汁と牛乳10%を加え、カルシウム450mg配合で、保存料・卵を使用していない栄養機能食品という位置付けらしい。

商品を否定する気は全くない。しかし、本当にこれで売上が上がると思っているのだろうか?

魚肉ソーセージは子供が買う物ではない。親が買うものだ。健康志向が高まる中で、このような不自然な商品を親が買い与えると思っているのだろうか?そもそも、何故、売上が落ちているのかという根本理由を把握していないのではないか?小手先で、目新しさを出しても何も解決しないのだ。企業としてのビジョンが必要なのだ。

と、ここまで書いてきて、日本酒にも同じ事が言えるなぁ~と思う。

daisinnsyuu  どういう酒を造りたいのかという「蔵のビジョン」がないから、流行に流される。昔で言えば鑑評会用の酒「YK35」。最近で言えば「無濾過生原酒」に走る。その結果、旨い酒が造れずに評判を落とす。

それと、営業努力。昔は、造れば近所の酒屋が売ってくれた。今は、酒屋自体が減り、販売経路が少なくなっている。こんな状況下で、昔と同じ営業体制で売れるはずがない。どうやって売るのかというビジョンがないから、売れないのだ。ネット上で話題になる日本酒は、勝手に話題になったのではなく、営業努力をした結果話題になったのである。

良いビジョンがあるから「旨い酒が出来るのだ」という基本に立ち返って「旨い酒」造って欲しいと思う。

何故、「大信州・香月」の画像か?それは「大信州酒造」のビジョンがいいから。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/04/21

呑気なお役人Ⅱ

本日の新聞記事にて。
何と驚いた事に、地方自治体の241の自治体で「徒歩通勤者に交通費が支給」されているらしい。まぁ、中には月に100円と可愛い支給もあるが、最高で月に5750円の支給だそう。

こうなればお役人は税金を使いたい放題の何でもありだな。
休日手当てとして行楽費があったり、仕事をキチンとしたから精勤手当てがあったりしそうだなぁ・・・。

そうそうそのうち交通費も、徒歩や自転車通勤者には環境保護名目で手当てが支給されそう。
今から公務員になれないかなぁ・・・と思う38歳・・・。

こんな状況で、色々な名目で税金を徴収されるのは納得いかないね。そのうち、消費税も上がるんだろうけど、本当に無駄な支出がないのかを見直すことが先決だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/29

呑気なお役人

今日の、新聞に(と言っても地方紙だが)「県内市町村 必死の経費削減」と言う記事が社会面に載っている。
公用車を売却したり、広報誌をモノクロにしたり、消耗品費を削減したりしているようだ。そして「もう打つ手ない」となっている。

ホントお役所って、対応が遅いよね。一部上場企業にいたが、5年位前から経費削減は当たり前のように行われていた。当時は「なんで、売上も利益も伸びているのに」という声が多かった。それでも経費削減をしていたのに、お役所は、もうどうにもならない状況にならないと動かないようである。

記事の中には、「コピー機のリース契約を複数の企業に見積もりを依頼し」とあるが、一般企業では当たり前の事さえ行っていない事に驚きを覚える。
「もう打つ手ない」と言っているが、役所に行けばどう考えても余剰人員がうようよいる。自分達の利益を守って、その責任を住民に押し付けるやり方には、腹が立つし呆れる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)