2007/10/18

レオナルド・ダヴィンチ

最初で最後とアップをした「文化・芸術」カテゴリーから2年2ヶ月。二つめのカテゴリーとなりました。

行ってきました                                                                                レオナルド・ダ・ヴィンチの頭脳展。 Photo_6                               一度行ったのですが、何と!!休館日・・・。                                          美術館って月曜休みのイメージがあるので、水曜日にノコノコと出かけたら・・・。                              しかも、バスに乗り、10分も歩いたのに・・・。

1階には彼が書き残した手稿を元にした模型が中心に展示されています。                                         ほとんどのものに「手を触れないで下さい」との注意書きがある。中には実際に動かせて、仕組みを実感出来る模型もある。 

2階は絵画が展示されています。                        「最後の晩餐」「聖アンナと聖母子」等が展示されています。

Photo_8

1階での展示では「橋作り」が印象的だった(左の画像のアーチ状のもの)。16本の丸太を組み合わせて橋を作るというもの。簡単に組み立てられ、簡単に崩せるという事で、軍事的な目的で考案された物のようだ。                                         以外にも?ダヴィンチは軍品の発明も結構している事を知った。

2階でのメインは【受胎告知】である。デジタルカメラで撮影をし、原寸大にしたまるで写真のような【受胎告知】に感動!                       しかも、最新技術を元に、タッチパネルにてデジタル化された絵が最大4倍まで拡大して見られるのだ。今まで解読不能だった、マリア様の右手に触れられている聖書の文字までもがクッキリ映し出されているのだ。

山輝亭の無知を・・・。                                          ダヴィンチ展ですから、モナリザの微笑みも当然あります。このモナリザさん、右半分と左半分で若干笑顔が違うらしいんです。知らなかった・・・。                        個人的な好みで言えば、(向かって)右側の方が好きだなぁ。左の方は少し冷淡な笑いのような気がする。 Photo_11

お土産にクリアファイルを購入。

このダヴィンチ展、21日までやっています。信濃美術館オリジナル展のようです。                  お近くにお住まいの方は是非ご覧あれ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/08/18

最初で最後

何がというと、カテゴリーに「文化・芸術」を使う事。

家から車で5分位の所に「水野美術館」という立派な美術館があるらしい。何せ、美術は苦手で常に成績は「2」もしくは「3」(ちなみに5段階評価です)。こんなんだから、見るのもあまりしないと言うより見ても分からない・・・もっと言えば何を見ていいか分からない

しかし、

「折角、こんないい美術館が近くにあるんだから~。しかも、美人画だよ~。」

との言葉にKO!!ホイホイと水野美術館へ。なんて単純・・・。

shouen2 その美人画は「上村松園」 なる人の画らしい。しかも「親子三代・美の系譜」だそうである。

3階から2階へと見て周る構造。まず、3階へ。

そこで初めて知る。上村松園って女性なんだぁ・・・。女性が描く美人画かぁ。

15歳の時に「内国勧業博覧会」に「四季美人図」を出品して、英国コンノート殿下が購入し、評判となったのがキッカケだそうである。また、73歳の時に女性として初めての文化勲章を受章している。

感想としては、色の使い方がきれい(そんな感想しかないんか・・・)

女性が艶っぽく描かれている。ただ、それは妖艶と言う類の物ではなく、上品な色っぽさという感じである。肌の露出は全くなく、所作・表情で表現されている。うなじ、襟足、柳腰。いいなぁ・・・。

しかし、展示されていた画は、どちらかと言うと物憂げな表情をしている物が多い。

そして、姉妹や母子を描いた作品が何点かあったのだが、不思議な事に目を合わせている作品が非常に少ないのも気になる。

これだけ一生懸命に見たので(俺にしてはね)、疲れて、息子である上村松篁、孫である上村淳之については覚えていない・・・情けねぇ・・・。まぁ、上村松園の美人画を見に行ったんだし。と言い訳をしてみる。

冒頭にも書いたが、美術に関する知識はゼロ美術に関する感性もゼロです。上村松園の画に対する感想は戯言と忘れて下さい。お願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)