2007/11/02

ドラゴンズ日本一!

よりによって!?セ・リーグを制覇していない状況での日本一。全然素直に喜べない・・・。                                                                   ドラファン歴31年。過去の優勝5回はスポーツ新聞を買いまくり、永久保存状態になっている。今回は日本一!でも、スポーツ新聞を買っていない・・・。ルール上は日本一なんだろうけど、真の日本一かと言うとね・・・。確かに、クライマックスシリーズは5戦全勝と圧倒的な強さだったけど。

こんな精神状態の山輝亭でも、今回の「落合采配」には一言。                           8回裏の攻撃が始まる段階で、自分なら山井をどうするかを考えてみた。考えている途中で、あっと言う間の三者凡退・・・。答え出ず・・・。情けねぇ・・・。

落合監督は岩瀬に代えた。                                                「やっぱり・・・」という思いと、「代えるかぁ・・・」という思いが交錯した。                  しかし、落合野球を見続けてきたドラファンとしては「やっぱり」という気持ちの方が強くなっていった。                                           例えば、憲伸が投げていたら続投だったかもしれない。2年連続で2桁勝利をあげた朝倉が来期も同じ様な内容でシーズンを終え、今回の様な状況であったとしたら多分続投でしょう。                                         でも、現状の山井のレベルなら交代かなと思う。

世間では、この交代を「非情」だという。確かに、山井の側から考えれば「非情」になるのかもしれない。山井がどう思っているかじゃなくてね。                                           でも、岩瀬の側から見れば、「温情」采配だともいえる。入団以来9連続50試合以上に登板し、3年連続40Sを上げている抑えのエースに、53年ぶりの日本一をかけた試合に登板させない方が「非情」だともいえるのではないか。

野球の好きなファンは「山井の完全試合が見たい」のだ。                   しかし、ドラファンは「53年ぶりの日本一」が見たいのだ。                        その温度差が「落合采配」の評価につながっているのではないだろうか。

ドラゴンズファンが素直に喜んでいるのに、一部山輝亭のように偏屈な?ファンもいるが(苦笑ケチをつけているドラゴンズOBにはガッカリだ。自分達が出来なかった事を成し遂げた落合監督に嫉妬しているのだろうが・・・。

この発言をもって、絶大なる人気を誇っていた(いる?)星野氏がドラゴンズのユニフォームに袖を通す事がなくなったと思う山輝亭です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/21

ドラゴンズCS制す

ドラゴンズイガースに2連勝、ジャイアンツに3連勝と一気にクライマックスシリーズを制した。勝負の世界だから贔屓のチームが勝てば嬉しいのだが、なんか、素直に喜べないんだよねぇ。

山輝亭は元々                                                                           クライマックスシリーズの導入には反対      だったというのが最大にして唯一の理由。                                                   大リーグのようにリーグのチーム数が多ければ問題はないのだが、6チームしかないのに上位3チームでCSを争うのは、優勝チームに対して失礼というものだろう。                                                          長期のペナントレースを戦い抜いたからこそ、価値のある日本シリーズだと思うんだけどね・・・。

クライマックスシリーズの導入に反対だったドラゴンズが勝ち、        クライマックスシリーズの導入に賛成だったジャイアンツが負ける。                           何とも皮肉な結果になった。                                今まで、ジャイアンツの横暴に屈してきた他球団やアンチGファンとしては溜飲が下がる思いだ。この事だけが何となく嬉しい山輝亭です・・・。                                                                

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/26

完敗・・・

ドラゴンズVSファイターズの日本シリーズ、あっけなく終わってしまった・・・。ドラゴンズファンの山輝亭としては非情に残念な結果だったが、素直に、                                             ファイターズ日本一                          おめでとう!!

負けた要因は色々とあるが、一番は精神的な部分なんじゃないかと思う。日本一になる為に練習をしてきたドラゴンズ、新庄の言葉にあるように日本シリーズを楽しんだファイターズ。

初戦はドラゴンズが取ったが、動き的にはみんなガチガチだった。そしてそれは第5戦まで変わる事はなかった。ベテランから若手まで、動きが固かった。                                          それに対してファイターズは、新人の先発投手二人が勝つなど、若手が伸び伸びプレーをしていた。シーズン後半、ポストシーズンゲームの勢いそのままだった。

似た物チームと言われ、色々なデータの比較が行われていたが、データに表れない精神的な部分では圧倒的にファイターズに分があったという事なのだろう。

ゆっくりと体のオーバーホールをして、来年の日本一に向けて欲しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/11

ドラゴンズ優勝ーー!!

8月にはマジックが出て、一時は9ゲーム差がついて、余裕の展開だったが、冷や冷やしながら見守っていましたが、ついに優勝が決まった。

ドラゴンズの皆さんおめでとーー!

ドラファンの皆さんもおめでとーー!

ここの成績をみると、もっと独走してもいいような数値であったが、結構苦労したなぁ、と言うのが山輝亭の感想。

二桁勝利投手が3人(佐藤が9勝なので、二桁勝たせたい)、2年連続40S以上の記録を作った岩瀬と磐石な投手陣。                                                         首位打者確実な孝介に、ホームラン・打点の2冠が確実なタイロン。失策の少なさ補殺の多さ(次の塁にすすませない記録の残らない補殺も多い)と文句がないのだが・・・。

今年の問題は、セットアッパーの不調(他球団から見れば充分なのだろうが)が大きかった。                                    それと山輝亭が個人的に思うのは、荒木・井端の出来の悪さ。荒木は12エラーとタイロンと同数。                                                     1・2番の打率・出塁率がイマイチなのもねぇ・・・。こんな状況で3・4番が揃って100打点以上というのは立派。

何はともあれ、セ・リーグを制した。一人一人がキチンと自分の持ち味を出せば、ファイターズだろうが、ライオンズだろうが、ホークスだろうが、52年ぶりの日本一は間違いない。

頑張れ!!ドラゴンズ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/27

何がしたい!!

開幕ダッシュに成功したジャイアンツ。                                           どういうキャンプをしたのか、故障者続出。                                                                                        故障者が多い中で、知らない選手がスタメンに名を連ねる日々・・・。                                                 ネットを見ていると、そこへ知名度のある選手が!!                                 なんと!阪神にいたジョージ・アリアスを獲得するという。

ジャイアンツのスタメンだよ~。                                   1番 セカンド   小坂                                        2番 ライト     小関                                       3番 サード    アリアス                                        4番 ファースト  李                                       5番 レフト     大西                                                                               6番 センター     木村拓                                      7番 ショート     古城 守れるのか?                              8番 キャッチャー 実松                                       9番 ピッチャー  パウエル ー(前田ー豊田)

あれっっ!!生え抜きいないじゃん!!(笑)。イーグルスといい勝負の寄せ集めだ!!しかも、20代は実松だけのロートル軍団!!                                                      今の状況だと、生え抜きは二岡と清水が入るくらいか?

去年のキャプラーに続き、面白外人ディロンは早々にクビだね(笑)。

大型補強はしなくなったジャイアンツ。目立たなくコツコツと補強してますね(笑)。                                                                  生え抜きでいい選手がいるのに使わないジャイアンツ、次の優勝はいつ!?

いいぞ!このまま突っ走れ!!ジャイアンツ!!!

ドラキチの山輝亭でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/18

マリーンズ

31年ぶりのパシフィック・リーグ優勝おめでとう!!

昨年同様に、盛り上がったプレーオフの第二ステージ。どちらのファンでもない山輝亭の感想を。

パッと見は大接戦の5試合であったし、白熱したゲームではあった。いい試合だったとは思うが、いい試合内容であったかと言うと・・・。

今回の第2ステージは一言でいえば「ミスをした方が負けた」という内容だった。これは、当然の結果なのだが、あまりにもお粗末なミスが相次いだ。

初戦の的場の牽制死、ライトライナーでの川崎の飛び出し。                           第3戦の小林雅の悪送球。これで流れが大きく変わった。そして、敬遠・満塁策を取っての押し出し。                                              第5戦の初芝のサードへの内野安打。記録は内野安打だが、バティスタと川崎の連携ミスがなければアウトに出来た打球である。これまた、流れが大きく変わった。

第二ステージの流れを変えたのは、両チームの代打の切り札!?の、大道&初芝のベテランの一振りだった。しかも、ボテボテの内野安打というのがシブイ。

昨日のマリーンズの勝利&優勝で、一番救われたのは小林雅だ。もし、ホークスが逆転優勝をしていたら、一生背負わなければならない傷だった。                                      それに引き換え、松中は昨年の雪辱どころか、二の舞だった。これは相当なトラウマになるのではないだろうか。

お粗末なミスは選手だけでなく、審判のミスジャッジ・曖昧なジャッジ等が続出した事も上げられる。優勝チームを決める大事なゲームでこのようなジャッジをされたのでは選手が可哀想だ。                                                ペナントレースでもミスジャッジが目立ったシーズンだった。審判の技術の向上を望みたい。

盛り上がった事は確かであるが、プレーオフ制度は必要なのだろうか?大リーグのようにチーム数が多ければ良いが、6球団で争っている日本の球界では必要ないのではないだろうか。140試合を一生懸命に戦って得た首位を、僅か数試合で改めて決めようという方法には疑問が残る。これならば以前行っていた、前期・後期の首位チームがプレーオフをした方が、公平であろう。

セントラル・リーグもプレーオフ制度の導入を検討しているようであるが、ファンとしては大反対である。

盛り上がる事なら何でもOKという姿勢は、一生懸命に試合をしている選手を冒涜していると思うのだが・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/10/01

中里~!!

明日の先発かと言われていた「中里篤史」だったが、今日中継ぎで4年振りの復活登板!!

帰宅後、何気なく開いたスポーツ系のHPを見てたら、今日のドラゴンズ戦はデーゲーム!「まさか、中里が投げていたりしないだろうな!」と、慌ててスカパーをつける。

「オッ、今日の先発は石井か」と一安心して、夕飯の準備に取り掛かる。すると、何と6回から「中里」が登板!!

本人が一番緊張しているのは当然だが、全ドラゴンズファン期待の星「中里」である。全ファンも緊張しているに違いない。

1球投げる度の歓声。ストライクを取った時の大歓声!!球速自体は140キロ後半と、今のプロの世界では速い部類とはいえないが、糸を引くようなストレートとはまさにこの事。球速以上のスピードを感じる。高目のストレートは伝説のホップするストレートそのものである。新井・栗原をこのホップするストレートで空振り三振に取った!!

1イニング全17球、内ストレートが15球だったと思う。2奪三振、1内野ゴロ。完璧に抑えた。ベンチに下がる時にはスタンディング・オベーション!!オジさんは涙が出てきたよ・・・。

長い長いリハビリを経て、ようやく1軍での復活登板!!感無量。しかし、ここがスタートライン。本当の復活は先発して勝利を得る事。頑張れ!!

そうこうしているうちに、ドラゴンズは試合を引っくり返した!このまま行けば、中里」がプロ初勝利だぜ!!

とりあえず7回を終わって、6-2でドラゴンズがリード。一旦保存と・・・。

18:10分、試合終了。

この瞬間、全ドラゴンズファン期待の星・中里初勝利!!おめでとーー!!&お帰り!!次は先発でいいピッチングを!!

しかも、岩瀬日本新記録の46S!!大魔人を抜いて、最高のストッパーだ!!おめでとーー!!残り5試合。50Sまで行って欲しいなぁ。

優勝はタイガースに持っていかれたけど、今日は最高の一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/12

負け!!

昨日、投開票が行われた「衆議院選挙」は自民党の独り勝ちに終わった。

私は俗に言う「無党派層」である。今回は小選挙区も比例区も「民主党」に入れた。

私は基本的には、郵政民営化に賛成です。しかし、「郵便業務」の問題がネックでした。長野市という地方ではあるが、市内に住んでいる者にとってはあまり関係のないことであるけれど、ひとたび山間部に行けば「郵便業務」はなくてはならない物であると強く感じるから・・・。

それ以外にも「小泉内閣」に不信感があった事が、「民主党」支持になった理由です。

1、小泉首相の行ってきた改革は、結局は骨抜きにされた上辺だけの改革であった事。

2、「郵政を民営化する事で歳出削減」と言っているが、郵政公社の職員の給料郵政公社の利益から完全に出されており、言っている事が的外れ。

確かに、公社である事で、税制面の優遇は受けているが、これで大幅な歳出削減にはならない。

3、前回の衆議院選挙で話題になった「比例区73歳定年制」問題。

中曽根康弘、宮沢喜一と言う元首相の例外を認めず引退に追いやった小泉首相。今回の選挙では、何と3人の例外を認めているのである。別に私が二人のファンだという事ではない。さらに、重複候補が6人。

比例区単独立候補者は3人の内2人が当選している。しかも、名簿順位が1位と3位。当選して当然の順位。

重複立候補者6人のうち4人が小選挙区で当選。まぁ、これは良しとしよう。1人は惜敗率45%で当然の落選。もう1人は惜敗率こそ83・76%と高いが、名簿順位4位である。しかも年齢73歳。これは矛盾ではないのか?

という事で、小泉首相は自己都合の政治家と判断し、民主党に入れたのだが・・・。

諸外国に比べると演劇・芸術に関心の薄い日本。しかし、今回の小泉劇場は超大入りの立ち見客が出る公演だったという事か・・・。それも演技(政治)が出来ない大根役者(素人刺客)集団に拍手喝采だったと思う・・・。

話しは変わって野球。

おいおい、昨日の落合の采配は何なんだ!!!

8回表二死走者なしの状況とは言え、同点の場面で二番手ピッチャーの鈴木をそのまま打たせるとはどう言う事だ!!

ドラゴンズは、残り試合を勝たなくてはならないのだ。引き分けでは意味がないんだ!!それなのに、点を取りに行かない采配なんてあり得ないだろう!!

「残り試合、全て勝つしかない」と言っているのに、全然違うじゃないか!!やる気あんのか!!まぁ、もう優勝を諦めてる自分が言うセリフではないが・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/09/09

背信

ドラゴンズの山本昌は現在180勝をしており、あと20勝で200勝である。年齢的な部分もあるが、是非200勝を達成してもらいたいと願ってきた。

しかし、後半戦のあまりにも惨めな背信的投球を見る限り、もう限界かなと思うようになった。今日の1回途中KOとは、どう言う事だ!!こんなピッチングをされては士気が下がるだけ!!(今現在)負けは決まりではないが、この時期でゲーム差「4」は致命的。

今期の戦犯に上げられるのは、残念ながらベテラン勢。「山本昌」「立浪」「谷繁」

「山本昌」は来年41歳!!「立浪」も来年は37歳。「谷繁」も36歳。少し若返りをしてもいい時期かな・・・。

ベテランに覇気が感じられない状況では、今後は若手主体で戦ってもいいかもしれない。

キャッチャーは「田上」、新人ながらオープン戦で結果を出した・高校時代の松坂の女房役だった「小山」。

サードは「森野」か、思い切って「堂上」。

ピッチャーは「佐藤」「川井」あたりを抜擢して、来年に目を向け手もいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/07

諦めた・・・

天王山・名古屋ドーム2連戦を1勝1敗・・・。またまた3ゲーム差に広がった。残り試合数や直接対決の事を考えれば、まだまだ諦める状況でない事は充分に承知している。

しかし、非常に厳しい状況になった事は間違いない。ただ、ゲーム差だけでドラゴンズ優勝を諦めた訳ではない。それは、今日の落合の采配を見て感じたのだ。

1、これは今日のゲームではないが、控え捕手を「前田」に変えた事。優勝争いをしている大事な時期に、「柳沢」を外し、先発で起用する事が出来ない「前田」を入れてどうする。特に、「谷繁」は疲労の色が濃く、バッティングを見ていても非常に振りが鈍く、振り遅れている事が多い。昨年のように、定期的に休ませるという事をしていない、ツケが回ってきた感じだ。

2、投手起用。延長11回の場面での「平井」の続投。前回のヤクルト戦でリグスに手痛い一発を浴び、試合をぶち壊しているのに、続投・・・。ここは、「鈴木」で行く所でしょ。去年の「平井」の出来なら続投でもいいけど、今年の「平井」には安定感が全くないからね・・・。

3、代打起用。同じく延長11回。二死一塁の場面で「川相」の起用。同点の場面なら、「川相」でも良かったと思うが、1点ビハインドで相手は速球派の「久保田」。「川相」では長打は期待できない。となると、「川相」「ウッズ」と連打が必要になるが、「久保田」からは期待薄。それなら速球に強く長打の期待が持てる「堂上」でいって欲しかった。結果は同じ「三振」だったかもしれないが、「堂上」の三振の方が今後に期待が持てる。

昨年はこういう場面で若手をどんどん使って、結果も残してきた落合采配。今年は、投手陣は若手を起用しているが、打撃陣は固定しすぎ。選手起用が「守りに入っている」印象が強い。これでは下位チームには勝てても、タイガース相手には苦しいだろう。優勝する為には、甲子園で3連勝するしかないのだが、このような采配ではね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧