2005/10/22

自動販売機

酒メッセの話題が続き、読む方々も疲れてきたと思われるので書いている本人が疲れていたりするのだが・・・、自販機がらみでネタが見つかったので(笑)、一息入れます酒メッセのネタは「雪辱編」「期待編」「酒興編」「番外編」と続きます・・・多分

自販機の話題その1

先日、図書館に行き自販機の前に立つと別にドリンクを飲みに図書館に行った訳ではありません、そこにはあまり見掛けない「ネスレ」の物があった。「ネスレ」って何?と思った方の為に、分かりやすく言うと「ネスカフェ」です。ただ、「ネスカフェ」は「ネスレ」のブランドの一部シェア的には大部分だが・・・である。従って偉そうに言うが山輝亭も初めて知った(苦笑)「ネスティ」なるお茶・紅茶のブランドがあったりするのだ。しかし何故か、HPにはお茶系の製品案内が存在しない・・・不思議だぁ。

さて、この自販機はドリンクとは別に、食べ物も売っている。その正体は「キットカット」である。初め見た時には、「キットカットのドリンク」かと思って驚いた。だって、想像したら変でしょ。チョコレートドリンクはあるけど、ウェハースがクルトンのように入っているんだよ。まぁ、でも、普通のキットカットで良かった。受験勉強をしに来ている人もいる訳だから、糖分は必要だもんね。なんて気の利く、図書館&ネスレ!!

しかし、腑に落ちない事も・・・。ネスレの自販機なのに、2アイテムだけ違うメーカーのドリンクが入っているのだ。それは、ポカリスェット&オロナミンCオロナミンCは分からなくもない。ネスレ自体がこの分野の商品を出していないから。でも、ポカリスェットに似た商品は、確かネスティブランドか何かであったはず・・・。大塚製薬は間借りをしているのだろうか・・・。

自販機というと、秋葉原の最近はアキバと言った方が通じやすいのか?おでんの自販機が有名になってきていますが、皆さんの周りにも変わった自販機ありますか?

私の周りではあまりありませんが、大学に「カップラーメン」の自販機があったのともちろんお湯も出ます、前の会社の社員食堂にあった「菓子パン」の自販機位でしょうか。

自販機の話題その2

私の通うスポーツクラブにも幾つか自販機がある。その中に、大手のコカ・コーラやサントリー、キリンを押しのけて!?ダイドーの自販機が入っている。その自販機は大きく、縦に3段・横に10列、合計30アイテム分のスペースがある。

しかし、週の半分位はスポーツドリンクが欠品しているのだ。何故かというと、商品管理が出来ていないから。その自販機の品揃えは、コーヒーが6アイテム・12フェイス(列)、ジュース類が6アイテム・7フェイスと、到底スポーツクラブでは大きなニーズがない商品でほぼ66%を占拠しているのだ。

ちなみに残りは、スポーツドリンクが1アイテム・2フェイス、水が1アイテム・1フェイス、お茶が2アイテム・3フェイス、栄養ドリンクも2アイテム・3フェイス、牛乳が1アイテム・1フェイスという状況である。

自販機の構造上、コーヒーなどの小さい缶と500mlペットボルの兼ね合いで、仕方ないのかもしれないが、もう少し何とかなるだろう。週の半分近くで欠品をしていると言う事は、相当大きな機会ロスがあるのに、なんて商売不熱心な会社?ドライバー?なのだろう。

実は、この自販機の隣に明治乳業の物があるのだが、ここは3週間位で見事に改善されて欠品がほとんど無くなっている。明治乳業は12アイテム分のスペースがある。以前は、低脂肪牛乳がしょっちゅう欠品していたのだが、フェイス管理を行って今ではほとんど欠品がない状態だ。

牛乳4フェイス→2フェイス、低脂肪牛乳2フェイス→4フェイスに変更しただけなんだけど、これで機会ロスが減れば、売上に繋がるってもんだ。残りは、コーヒー牛乳4フェイス、ドリンクヨーグルト2フェイスである。

と言う事で、ダイドーさん、余計なお世話ですが、頑張って売上を上げて下さいね。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005/09/22

販売戦略

何と、さんま1尾48円という広告を見て、某スーパーにやってきた。48円で利益が出ているのかと心配になるが、安い事はいい事だ!!という事で、また「さんまご飯&つみれ汁」に。

おっと、話しが逸れた。

resi-to これは、レシートの裏面である。割引券付きのレシートである。これって、流行なの?

左が某スーパーの物で、「ドラフトワン」1ケース(350ml、500ml)100円割引券である。

右が某酒のディスカウントストアの物で、月桂冠・月パック(2L、3L)100円割引券である。

消費者的には、割引券は有り難い物である。まぁ、しかし今時スーパーでビールのケース買いをする人は少ない。割引券があっても、ディスカウントストアより高いからね・・・。

さて、問題はこういう企画を立てる店の意識。

大体の場合がメーカーの協賛で行っているから、商品はメーカー指定の物になる。まぁ、それは仕方ないけど、この方法はどうなんだ?レシートクーポンの販促より、広告を打って100円割引を宣伝した方が効果大きくないか?

まぁ仕方ないと書いたが、商品の選定も客層に合っているのか?スーパーでビールというセンスが・・・。女性客相手なら、洗剤とかお米とかもっと利用頻度の高い商品の方が良くないかい?

この方法で行うなら、レシート1枚に付き1ケースではなく、1ケースに付き3枚まで使えるようにしないと、消費者にもスーパーにもメリットないと思うんだけど・・・。

これなら、ポイントカードの方が有り難いと思うのは自分だけだろうか・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)